【SFC修行:PP単価10円】台北発!EVA航空プレエコでウィーン往復で13,540PP獲得!

ランキング参加中!クリックお願いします
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

私はヨーロッパ発のANAプレエコが格安だったのを利用して、通常より圧倒的に少ない搭乗回数でプラチナになったので、基本的に同じようにパリやドイツ/オーストリア発などのANAプレエコのセール(+無料国内線つき、これも100%積算率)をご紹介したいと思っているのですが、

何気なく検索してみたら驚愕の安さで出てました。 私は常々、自分が「ヨーロッパ発プレエコセール+国内ストップオーバー無料」キャンペーンでプラチナ取ったと言って来ましたが、そのキャンペーンはいつ出るとも限りません。 しかし、キャンペーンじゃなくても、この都市だけは日付次第でプレエコが1,000ユーロを切っていました。

このセール以降、めぼしいのが出ていません。

そういうわけで、

このブログはヨーロッパ発券で効率よくANAプラチナに達成してSFCを手に入れる方法をご紹介していくのがメイントピックですが、最近は7月2日に終了した激安ウィーン発プレエコを最後に目ぼしいのをやってません。 そこでスターアライアンスで PP(プレミアムポイント )をお得に取れないかと探したところ、LOTポーランド航空が!
今日はルフトハンザで結構PP稼げるルートのご紹介。 プラチナには5万、ダイヤには10万プレミアムポイントが必要ですが、それぞれ半分はスターアライアンス分でも稼げます。パリ発、香港行きのプレミアムエコノミーの価格が797€からあります。日本からパリへの往復チケットと合わせて、2万ポイントほどお得に取れます。

といった、スターアライアンス便でお得なチケットを紹介してきました。

ANAの上級会員取得条件のプレミアムポイントは、半分までがスターアライアンス便で獲得することができます。SFCを目指すならプラチナに必要な5万ポイントのうち、25,000ポイントまでスターアライアンスでいいということになります。

ヨーロッパ発の日本行きは、日本発に比べて非常に格安なので、かなりお得にプレミアムポイント が得られるのですが、問題は日本在住の方はその地まで行かなきゃいけない、ということなんですよね。

これをエアチャイナのエコノミーで行えば、これまたPP単価も抑えつつ、かなりまた稼げたりできるのですが、実質、日欧を2往復なのでなかなか大変なものがあります。

そこで、今回は台北発案件を見つけてきました。

スポンサードサーチ

2018年10月下旬より、エバー航空で台北⇄ウィーンのプレエコが13万円台で出ています。

2018年8月17日現在、ニュー台湾ドルの相場3.6円なのでその計算でいきます。

Matrixを利用して4泊で設定すると、こんな感じで最安のNT$37,907 (≒136,465円)が出てきます。次に安いのはNT$37,940ですね。

*2018年10月ー11月

*2018年12月ー2019年1月

*2019年2月ー3月

 1月と3月は全然ない感じです。

とりあえず、2018年SFC獲得の駆け込みや、2019年のスタートに使えそうではないですか?

日本ー台北のチケットとも合わせて「とりあえず、ウィーン観光がてら、あと15,000PPほど欲しい」という方にオススメのプランです。

行きはバンコク経由、帰りは直行で13,540PP

フライト詳細はこの通り。予約クラスはPで、これは積算率100%です。

mileage calculatorによれば、

台北ーバンコク 1540マイル

バンコクーウィーン 5230マイル

ウィーンー台北 5570マイル

で、計12,340マイルとなります。

経由ありの100%付与率なので搭乗ポイントも3回ついてくる。

さらに忘れてならないのが搭乗ポイント

つまり、台北ーバンコク、バンコクーウィーン、ウィーンー台北とそれぞれに400PPついてくるはずです。
なのでプラス1,200PPですね。トータル13,540PP。

136,465円として(為替によります)PP単価は約10.08円

スポンサードサーチ

台北までの往復をプラスして、言わば台北経由でウィーンに行く形に

これまでご紹介してきたヨーロッパ発案件ですと、日本在住の方にとっては、

  • 日本ーヨーロッパ(日本発のチケットの往路)
  • ヨーロッパー日本 (ヨーロッパ発チケットの往路)
  • 日本ーヨーロッパ (ヨーロッパ発チケットの復路)
  • ヨーロッパー日本 (日本発のチケットの復路)

といった行程を取るので、日欧2往復という形になりますので、日程的にもできる人は限られます。工夫すれば日本発のチケットを数ヶ月取り、ヨーロッパ発の方もその日程内で前後数泊ずつにする形でヨーロッパに数泊の弾丸を数ヶ月あけて2回する、という形にできるのですが、それでも「ヨーロッパに2回も行ってられない」という方は多いと思います。

今回のエバー航空の台湾⇄ウィーン案件の場合、別途用意するのは日本と台北の往復となり、

  • 日本ー台北
  • 台北ーウィーン(バンコク経由)
  • ウィーンー台北
  • 台北ー日本

という行程となりますので、台北経由でウィーンに行くという形にできますね。

日本ー台北のチケットはANAがオススメ。

ANAは割高だけどスカイコインで購入できる

例えば11月2日ー18日の日程でANAを見てみますと、往復50,570円で予約クラスSがあり、ANAのシミュレータによれば、往復で1994PP。PP単価は25円以上となり、割高ですが、ここで皆さん日々貯めていらっしゃるマイルをスカイコインに替えて購入されてはどうでしょうか?

この場合、エバーでの台北ーウィーン往復と合わせた費用は187,035円となり、PP単価は約12円となります。

エアチャイナは上海経由で安いがかなり厳しめでPP単価も変わらない。

同じ日程でスターアライアンスで最も安いのは、おなじみエアチャイナ。39,150円となっています。

エアチャイナの評判は上々ではないのでヨーロッパまで行くのは、という方も、上海経由の台湾なら?また、トランジットで、上海を少し楽しめるかもしれません…(私はちょっと体力的に厳しいですが)

mileage calculatorによれば、

成田ー上海 1140マイル
上海ー台北 423~424マイル(行きで空港チェンジがありますので注意)

往復で3127ですが予約クラスSで50%なので、1563PPということになり、PP単価も25円を超えます。

この場合、エバーでの台北ーウィーン往復と合わせた費用は175,615円となり、PP単価は約11.6円となります。

というわけで、上海も少し弾丸で通り抜けてみたい、とかいうことでもない限り、日程的にもANAの方が楽ですし、少しですが獲得PPも増えます。

スポンサードサーチ

ウィーンは弾丸でも十分楽しめる!

ウィーンって、屈指の観光都市なのに、なぜこんなに目玉案件が出てくるのでしょう。

とりあえず、ハプスブルク家の拠点、ウィーン。このブログでも6回に渡って特集しましたが、私も3泊で(1日目は夜中に着いたので、観光は2日半というところ)周りましたが、とにかく見所いっぱいです。

ぜひ参考にしてください!

この前の記事で、ヨーロッパ発のプレエコ(+国内ストップオーバー無料)キャンペーンで最もオススメなのがウィーンと書きました。 フランクフ...
なぜウィーン発がお得なのかはこちらから さて、今回は美術史美術館を出た後、街を歩いてデメル本店でザッハトルテを食べたところまでレポート...
前回の記事で、中世のコスチューム着たオペラのチケット売り(と言っても委託外部業者?)からチケットを買った経緯を書きましたが、今回はいよいよそ...
前回から大分間が空いてしまいましたが、駆け足3泊4日(といっても1日目は夜中着なので観光できたのは2日半)の旅のご紹介をしています。 ...
ここはマリア=テレジアの前で天才の腕前を披露したモーツァルトが転んで、少し年長の幼き日のマリー=アントワネット(まだフランス王妃じゃないのでドイツ名マリア=アントニアですね)が助け起こし、モーツァルトが「結婚してもいい」って言ったというあの有名なエピソードがある場所。

ランキング参加中
最後までお読みいただき、ありがとうございます。よろしければTwitterのフォローお願いします。更新情報以外にも色々呟きます。

*ランキング参加中
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
関連コンテンツ

特にはてなブックマーク「B!」を今一番欲しております。もしこの記事が役立つと思われたはてブ会員の方はポチッとお願いします!

フォローする