スポンサーリンク

【クアラルンプール/ゴールデンラウンジ】短時間滞在を最大限楽しむ!2回目の訪問でより効率的に?!エンジョイ

先日、

【バンコク/スワンナプーム】夜明かしラウンジ巡り!エバー→ターキッシュ→タイ航空ロイヤルシルクと3ヶ所制覇!徹底レポ
エコノミー利用でもコンコースDのロイヤルシルクラウンジは使えるよ?23時すぎから翌朝8時台までの9時間ほどを完徹で過ごすため、3つのラウンジをホッピングした時のレポです!各ラウンジの随所を写真におさめてきました!

とバンコクで3箇所のラウンジをホッピングした時のことを書きましたが、そのバンコクから飛んできたのがクアラルンプールでした。

ここからANAに乗り換えたのですが、ANAのプレミアムエコノミー 以上、及びSFC (スターアライアンスゴールド)資格を持った人への指定ラウンジといえば、

なぜかアライアンス違い(ANAはスターアライアンス、マレーシア航空はワンワールド)の

マレーシア航空ゴールデンラウンジ

ですよね!

沸騰ワード10でも高橋真麻さんがレポして話題になりました。


ラウンジ入り口の受付の高級感も半端ないです…!

スポンサーリンク

短時間しかいられないゴールデンラウンジ

私はこの日、バンコクからタイ航空で12時15分にクアラルンプールに到着し、14時15分にANAでクアラルンプールを発つ便に乗る予定でした。

きっかり2時間ですが、

もちろんタイ航空が到着してラウンジまでの移動時間と、出発時間の30分前くらいに搭乗口に向かうことを考えると、1時間ちょっといられる程度ですね。

そもそもANA便利用者は超長時間の利用は不可能

私は1回目は、乗り継ぎなどではなくクアラルンプール国際空港(KLIA)でチェックインして出発だったのですが、この時も基本的に2時間もいられませんでした。

というのは、

出発時間の3時間前からしかカウンターが開かない
そこから出国手続きなどをしていると、ラウンジ到着時には出発の2時間前くらいになっている
KLIAの国際線では、搭乗ゲートのところでもセキュリティがあるので(ステータスレーンはない)早めに行かねばならない

ということがあるので、

基本的にそんなに長くいられないんですよね。

それなら、乗り継ぎが長いとどうか?!と思ったところ

ANA搭乗者の場合、出発3時間前からしか入室できない

ということでした。

仮眠エリアとかあるから、もっと長くても良さそうなんだけどなあ〜、そこはマレーシア航空やワンワールドの上級会員やビジネスクラス客用ってことでしょうかね。

2回目の利用、1時間少々を満足度100%に高めるために

さて、この素敵ラウンジですが利用は2回目で、ある程度勝手をわかっていました。しかも沸騰ワードで高橋真麻氏によるレポも見てたので、自分の中で既に流れがありました。

今回はそんな私の個人的な流れをご紹介したいと思います。(ラウンジの詳細なレポはこちらへ)

・シャワーは浴びない(バンコクで済ませてる)
・シャンパンを味わう
・ラクサなどヌードルバーはやめておき、個人的に好きな食べ物を厳選

まず、シャワーはバンコクのラウンジで浴びてたので、今回はやめておきました。ここのシャワーは予約などする必要がなく、奥のシャワーエリアに行って、空きがあれば、そのままタオルを受け取って浴びられるので時間がなくても利用できる可能性が高いのですが、このラウンジの他の部分の「素敵度」に比べると、シャワーエリアは簡素なんですよね…ANAラウンジのような完璧な清掃も感じない。なのでバンコクで済ませて、ここでは時間を使わないことにしていました。

そしてシャンパンといえば!沸騰ワードで高橋真麻さんが2杯のシャンパンをバーから中のエリアに運んできてたのを思い出します(笑)
私もシャンパンやスパークリングワインが好きなので、是非!と思っていました。

食べ物に関しては、時間がないのもありますが、まずそこまでお腹が減ってるわけでもないので、食べたいものを厳選して…!と思っていました。
ここはその場で注文して作ってくれるヌードルバーが目を引くので、頼みたくなっちゃうのですが、今回はもっと好みのフードに集中することにして、やめときました。

まずはシャンパン♬

受付を済ませて、中に進む通路ですが、アルコールを飲みたいなら忘れちゃいけないのが、この左手のバーでピックしていくこと。


マレーシアは基本的にイスラーム国家なので、他のラウンジのようにセルフではなく、ここのバーカウンターで注文するようになっています。

ここで飲んでもいいのですが、中のエリアに持っていくことはできるので、私もこの広い素敵空間で飲みたいと持ち込みました。

いろんな席があるこのラウンジですが、とりあえずシャンパンを味わうために選んだのは、このカフェ席。

飲み終わったら食事をとりにいくカウンターにも近く、それでいてクッションなどがあって、くつろいでシャンパンを味わうには最適♬

食べ物はカレー的な煮込み料理!

これは完全に私の気分だったのですが、前回色々試した中で、これ系が一番美味しいと私は確信していました。


このあたりの料理です。間違いない。

マレーシアはムスリムのマレー系が多数派で、そして中華系、インド系の存在感も強い国ですが、こういうマレー系なのかインド系なのか、という感じのスパイス効いてるけど、インド料理に比べるとマイルドなところもある、というカレー煮込み料理が本当に美味しいと思うんですね。

で、私が食べた、このAyam Masak Rose、多分チキンのローズマリー煮込み、みたいな意味だと思いますが、

やっぱり大正解だった、私。

ほんとに美味しい。

このラウンジはショートパスタとか洋風料理とかもありますが、こういうマレーシア風の料理がお好きな方は、これ系に集中したほうがいいと思う。

正直、街中で食べるのより、ここのラウンジの方が圧倒的に美味しい!

コーヒーもバリスタ に入れてもらえる

食後はコーヒーとデザートを楽しみました。なんといってもここはバリスタ に入れてもらえるので、カプチーノ を注文。


デザートはフルーツと一口ケーキやタルトを。赤いメロンはそこそこ甘いですが、白いのはイマイチかもしれない…

と、こんな感じで食事をしたら、もう出発時刻の30分前になってた!

こういう席でのんびりする日がくればいいけどな〜

今まで利用したラウンジの中で…

私がこれまで利用したことある国際線のラウンジというのは他には、羽田のANAラウンジパリ(CDG)のスターアライアンスラウンジをはじめとして、

【バンコク/スワンナプーム】夜明かしラウンジ巡り!エバー→ターキッシュ→タイ航空ロイヤルシルクと3ヶ所制覇!徹底レポ
エコノミー利用でもコンコースDのロイヤルシルクラウンジは使えるよ?23時すぎから翌朝8時台までの9時間ほどを完徹で過ごすため、3つのラウンジをホッピングした時のレポです!各ラウンジの随所を写真におさめてきました!

や、

完全レポ【トルコ航空/イスタンブール 】世界一のラウンジとも評される豪華空間で超美味料理とデメルケーキを堪能!
ターキッシュエアラインズのホームの空港、イスタンブール 空港。アタチュルク空港から今年イスタンブール 空港として開港し、その巨大さが話題になっています。そしてそのラウンジはと言えば、スターアライアンスの各ホーム空港のラウンジの中でも最高と言われてましたが、新イスタンブール 空港はどうでしょう!デメル のケーキが食べ放題!

になってくるのですが、

私は食事的には、ここが1番好きです!

イスタンブール のターキッシュエアラインズラウンジもすごいし、デメルケーキが置いてあるデザートの点ではダントツだと思うのですが、

あくまで食事、という意味ではここが個人的に好きです。あと混み具合もそこまででもないので落ち着けるのもいいですね。

 

 

ラウンジ
スポンサーリンク
マダムSFC

イングランドとパリに住んだことあるアラフォー。まだパリにいた2017年に一時帰国を3回とそれに合わせて石垣2回行ってANAプラチナ到達、そしてSFCゲット。
ステータスのために飛行機に乗る「修行」はしない主義。
搭乗回数、コストを減らして、その分観光しましょうということで、40代として辛くない程度にバジェット旅が多いです。
ヨーロッパだけでなく、最近は東南アジアを中期滞在していくノマド経験も共有していきます!
詳しすぎるプロフィール
お仕事のご依頼について
Twitter 質問箱(匿名で私に質問できます)

フォローしてくださいな。
この記事が気に入ったらクリック!
フォローしてくださいな。
関連コンテンツ
関連コンテンツ
修行なしでANAプラチナ会員へ

コメント