スポンサーリンク

【新千歳空港編】国内メインならカードラウンジで十分じゃない?!ANAラウンジとの1比較

先日、羽田空港国内線のカードラウンジ2箇所とANAラウンジを比較して、国内線ラウンジだけならSFCなどのステータスを持つほどのメリットはないんじゃないか、って書きました。

羽田空港国内線ANAラウンジ VS カードラウンジ 徹底比較!国内メインでラウンジ目的ならステータスは要らない?
クレジットカードラウンジといえば「保安検査場前だから、搭乗前までゆっくりできない」というイメージが強いですよね。でも羽田空港国内線ののANA側には、保安検査場内にも2箇所、各種ゴールドカードで利用できるラウンジがあります。今回は上級会員が使うANAラウンジとカードラウンジ、どのくらい差があるのか比較レポです!

そう、このブログはSFCブログのくせに、やたらに修行はオススメしてないんです(笑)

海外旅行を沢山する趣味が元々あって、観光を兼ねてプレミアムポイントも同時に貯めちゃおう、とか、出張でプレミアムポイントが結構ついてあと一歩、という方にはオススメしたいですけど、そういうわけでもない方には、そこまでしなくてもいいじゃないかな〜と思ってます。

というわけで、時にはこういう記事を書いて、本当に必要かどうかご検討いただくきっかけになればと思っています。

前回は羽田でしたが、新千歳でもゴールドカードで入れるラウンジとANAラウンジを比較してきましたので、記事にしたいと思います。

→→→そもそものラウンジアクセスの資格についてはこちら

 

スポンサーリンク

新千歳空港のカードラウンジは保安検査場前だけど…

新千歳空港の場合、残念ながら保安検査場内にはカードラウンジはないです。ですが羽田ほどは「セキュリティに時間がかかったり、搭乗口まで遠くて心配」ってことはないんじゃないでしょうか?

というのも、この前、一旦ANAプレミアムチェックインで荷物だけは預けたものの、お土産などを見たかったのでそのまま優先保安検査を通らず、お店の方に戻ったんですが、下に戻る際に一般の保安検査もガラガラだったのでそっちから入りました。

入ったら搭乗口もすぐでしたし。

こんな感じならば無理に早めにセキュリティを終えようとしなくてもいいかな、と思ってしまいました。

そういうわけで、スーパーラウンジに潜入

スーパーラウンジは出発エリアより一つ上の階にあります。エスカレーターのところに表示もあって、わかりやすく、迷ったりしないかと。


こういうフードコートがあって、ふと「ラウンジに入るよりもここで食べた方がいいよなあ…」と思ったりも。国内線のラウンジは食べ物ついてないですからね…

こんな感じの入り口。なんだか立派です。

受付を終えて中に入ると、なんだか重厚な感じの雰囲気。


中もとっても広々としている!

飛行機もよく見えて、とっても良い眺め。

雑誌や新聞も結構揃っていました。
 愛煙家に嬉しい喫煙室もありますし、奥に行くと
 お着替えできるところもありますし、
ここで落ち着いて仕事もできそう!
1人の人には地味に嬉しいロッカー
お化粧室も綺麗だし、文字通りお化粧直しとか、逆にお化粧とっちゃうのにも使い良さそう。

飲み物はガストのドリンクバー並かな?

カードラウンジでは無料のアルコールはありませんが、そもそも国内線に乗る前にそんなに飲みたい状況ってあんまりない気がするので、私なら全然不満はないです(まあANAラウンジで1杯ほど飲むことも多いですが笑)。

コーヒー、エスプレッソ、コンポタ、ココアなど
ジュース類も一通り。

こちらはトロピカーナやジンジャーエール、烏龍茶も。
 トマトジュース、牛乳、アイスコーヒーはこちらに。   お水は「森の水だより」

 ティーバッグも一通り揃ってます。

ビールなどは入り口近くに有料で売ってました。

空港の温泉も優待券で300円引きになる。

ゴールドカードをお持ちで、新千歳空港の温泉に入っていきたい方は、それだけのためにここの入り口に寄ってもいいかもしれませんね。300円の割引券が。

とりあえず、コーヒーとかはいわゆるインスタント系なので、抽出タイプにこだわる方には物足りないかもしれませんが…出発前に軽くお仕事したいとか、単に休憩したい、という方なら、全体の雰囲気としてはかなり満足度高いラウンジだと思います、私は。

それでは新千歳のANAラウンジは?

とはいえ、基本的にANAのプラチナかSFC、もしくはプレミアムクラス席の乗客しかいないANAラウンジ(実は3,100円払えばノーステータスのエコノミー客でも入れますけど、あまりいない気がする)ですから、一応その恩恵には預かります。

プレミアムチェックインから入ります。

ラウンジよりも、この保安検査場の方が嬉しいです(笑)でもこの前は一般の方もがら空きでした。羽田の方が恩恵度高いですね。

 左手はダイアモンド会員専用のスイートラウンジで、こちらが我々用。

 新千歳のANAラウンジは荷物を預けられるところがあります!預けられるところがあります!これは取手にコードを引っ掛けて、暗証番号を設定するタイプ。

独特なデザインのテーブル中心に広々とした空間

そしてこちらが千歳空港のANAラウンジの様子。テーブルの上の山は本物の苔を使用しているそう。面白いデザインですよね。


沸騰ワードで風間俊介氏がしみじみと「ラウンジってステータスの花形だよな」と呟いていた場所です(笑)


こちらも窓側のカウンターは飛行場が見えます。奥にはソファ席。

ソファ席は飲み物を置いておきやすい肘掛設置。

飲み物類:ビール好きには嬉しい

国内線だとANAラウンジとカードラウンジの差は大きくないんじゃない?と思う私ではありますが、飲める人にとっては、やっぱりビールや日本酒、焼酎などが無料というのは大きいですよね。

左から、北海道限定サッポロクラシック、アサヒスーパードライ、北海道産キリン一番搾り、あと右のはビールではなくサントリーの角ボールでした。

焼酎も。「あらわざ」という桜島の芋焼酎に、「銀座のすずめ」という麦焼酎。

コーヒーマシンは2台。ここは先ほどのスーパーラウンジよりちゃんとしたコーヒーということになるかな。
トマトジュース、キャロットジュース、牛乳は冷蔵庫から。
ジュース類と、左に青汁。

あとミネラルウォーターは「アルプス天然水」だったと思います。

やっぱりお腹も空いちゃう、という時はラウンジを出て空弁でも…

JALラウンジの方は持ち込み禁止らしいのですが、ANAラウンジでは禁止されてないので、こうして空弁持ち込んでビールや焼酎と楽しむことはできますね。


2月頭に1人で北海道に行った帰りは、ビールと青汁とともに、こちら頂きました。

 

新千歳、国内ラウンジを比べて思ったのは

新千歳のスーパーラウンジ、飲み物類などではちょっとANAラウンジとは差が大きいかもしれませんね。
ただ、国内線の場合、そこまで長時間ラウンジに入り浸るということもないと思いますし、食べ物もおかきしかないので、ラウンジを休憩所とかちょっと仕事したいという場所として捉える場合、スーパーラウンジもなかなかだと思いました。

ゴールドカードでもカードによって使用条件が異なるので注意

私は、ANA SFCカードは、VISAゴールドです。これだと本人しかカードラウンジは無料じゃないんですよね。よって、友人と一緒の時はANAラウンジ直行です。
でもANAアメックス ゴールドカードなら同行者1名まで無料なので、SFCやステータスなしで、これからご夫婦やカップル、ご友人と旅行の予定がたくさんある方や、これからSFC修行を始める方で時々は同行者がいらっしゃるという方にはオススメです!
←これに加えてANAのキャンペーンで更にボーナスマイルのチャンス!(4月30日まで)

あと、私は常々、場合によっては日系航空会社じゃなくても、

今後、ANA SFCの修行する価値あるでしょうか?私だったらやめて、デルタ会員になります。
やはり、と言うべきか、上級会員への無償でのプレエコアップグレード待遇の廃止を決めたANA。これからSFCを目指そうかとお考え中の皆さん、一旦冷静になって本当に必要かどうか考えてみるのはどうでしょうか?そして飛行機に乗りまくらなければステータスが得られない日経と違って、デルタはアメックスゴールドを持つだけで同じような待遇が…

ということを提案してるんですが、デルタアメックスのゴールドカードを持ってても、国内線のカードラウンジ、同行者1人まで無料です!ますますオススメ。

海外もそれなりに行くけど修行するほどじゃないという方には!

残念ながらゴールドカードでは、海外で利用できるカードラウンジは

  • ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)

  • 韓国 仁川国際空港

くらいです。

しかし、プライオリティパス を持っていれば、世界中1200以上ものラウンジを使えるということです!しかもプライオリティパス のラウンジって平均的な航空会社ラウンジに匹敵するという噂!

しかし、多くはゴールドカードとは比較にならない年会費のプレミアムカードとかなんですよね…

そんな中!オススメしたいのが楽天プレミアムカード

年会費が税込10,800円と一般的なゴールドカードよりも安いのに、プライオリティパス が付帯しているという猛烈にお得なカード!

SFCを取るほど乗るわけじゃないけど、そこそこ海外にも出かけるから空港ラウンジ使えたら楽だなあ、という方は検討されたし!

 

また新千歳のラウンジは4月ごろ使う予定です。なんだかんだで気になるラウンジ、そして仕事も妙に捗るので上手く使っていきたいです!

コメント

error: Content is protected !!