スポンサーリンク

【完全レポ】2018年6月羽田空港ANA国際線ラウンジ114番ゲート側、出汁茶漬けイイね!

2018年6月、羽田からパリへの直行便でオンラインチェックインではプレエコ全てブロック状態で諦めてたのにカウンターでプレエコに上げてもらえて一気に上機嫌になってました。

今回はその時のANA114番ゲート側のラウンジの様子をレポします。

羽田の国際線のANAラウンジは2つありますが、時間が限定される114番ゲート付近の利用は、この時は2回目でした。

スポンサーリンク

2018年2月より営業時間も拡大!でもまだ空いている

エスカレーターを上がって、お待ちかねラウンジです。

こちらはスイートと受付が同じですね。ビジネスは左手に案内される感じ。今気づいたけど、右手の方に赤絨毯が敷かれてるから、ここに立っていいのはスイート利用者だけですね、きっと(笑)

 

ソファ席がいっぱいあります。

結構空いてました。

私が最初にこちらを利用したのは確か2017年7月のパリ戻りの時で(プレエコを買ってたので)、その時にもう一つのずっと営業されてるラウンジに比べて随分空いてるな〜って印象でした。

この2018年の2月から営業時間も拡大された(6:30~13:30 / 20:00~25:00)ようですが、やはり空いてましたね。カウンターでラウンジの案内受ける時に「搭乗口から近い114番の方のラウンジをお使いください」と指定されたのですが、指定されなければいつもの110番に行く人が多いのかもしれないですね。

いかにも快適そうなソファ席に座るのはラウンジシロート(高橋真麻の教え)。

ここだと食べ物や飲み物のカウンターに近いし、充電しながらPCやタブレッもいじりやすいので、まずはここで食事。

その後、コーヒーを持ってソファ席に映るのが「通」です(?)

食べ物!飲み物!撮ってきましたよ〜

前までは、こういうブログやろうとは思って自分が取ってきた食べ物は撮影してきましたが、ビュッフェのところとか恥ずかしくてなかなか撮ってきませんでした。でも、ブロガーとしてスタートした今は、恥ずかしがってられない!撮ってきました。

焼酎や日本酒セレクションもバッチリ

焼酎もこの通り、宮崎2種類、鹿児島2種類。飲み比べいいですね。

おなじみビールサーバー。

今回は食べませんでしたが、おいなりさん結構好きです。結構スイーツも用意されてましたね。

右側に入力する内容

スープは酸辣湯(サンラータン)でした。ANAラウンジのサンラータンといえば、高橋真麻氏が沸騰ワード10で、「ヌードルバーでとんこつラーメンを頼んだら麺を半分に分けて半分の麺は別に出してもらい、サンラータンスープに入れて食べる」という自作裏メニューを披露してたのを思い出しますね。今回は試さなかったけど、やってみたい(笑)

 

では、実際に食べたもののレビューです

11時45分の便で、ラウンジ入りは9時15分ごろ。ええ、もちろん何も食べずにきました!

一応、野菜食べておこうとサラダ。普通ですがオリーブの実があるのが良いですよね。好きなんです。
そして酸辣湯!これ、気に入って実はお代わりしました。辛味もそこまできつくなく、酸味もあって非常に美味しいです。そして真麻合わせ技、ぜひやってみたい!麺のスープとしてかなり美味しいと思う。今回ご飯を結構食べることにしたので麺はパスせざるをえなかったのですが(っていうか真麻さん、なんでそんなに食べるのに痩せてるの?)。

そしてこちらのプチ肉まん!全然期待しなくて取ったんですが、意外と中の肉餡が美味しくて驚きました。

そしてカレー。多分初めて食べました。それまでヌードルバーとかおいなりさんとかに興味がいって、食べてこなかった気がしますが、今回はブロガーとしてやはり食べようと。普通に美味しいですが、そこまで何をおいても!って感じじゃなかった。やはり次回からヌードル系だな。トマトジュース飲んでるくらい、トマトは好きですが、トマトが効いたカレーがそんなに好みじゃないからかもしれない。なので逆にトマト味のカレー好きな人にはオススメです。具も評判通りゴロゴロしてますね。

シェフサービスと言われたらやっぱり気になる出汁茶漬け

朝9時から10時半に限定のシェフが用意してくれる出汁茶漬けなわけで。

梅、明太子、鮭を選んで(全部のせてもらうことも出来ます)アオサ入りの出汁をかけてもらうわけです。でもサービスするのは別にシェフじゃなくてもいいんじゃないかという気が…

全部入れてもらいました。明太子好きなので多めに…美味しかったです!アオサの風味と出汁がマッチしてていいですね。

が、かなりお腹いっぱいになってしまいました(当たり前)。ご飯少なめにって言うべきだった。

ちなみにシェフサービスといえば握り寿司もあるそうで、しかし見たことはないのです。やはり成田しかやってないのかな?

114番の方は空いてるシャワー、キレイですね。

110番の方でシャワー使いたいと言うと大体呼び出しベル持たされて待つことになりますが、

ここは使いたいと言ったらすぐ空いてます、と使わせてもらえました。

受付でチケットと交換してカードキーを受け取って向かいます。

シャワー室が並ぶ廊下。もらったカードキーの部屋に入ります。

 


シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、洗顔ミルク、メイク落とし、化粧水、乳液、シャワーキャップ、コットン&綿棒、カミソリ、歯ブラシセットと揃ってます。

レインシャワーと、可動式のシャワーとあり、レインシャワーは使ったことありませんが、普通のシャワーの方は水圧も十分。もちろん固定もできます。

この部屋には腰掛けと、荷物置きもあるので、快適に過ごせます。

やっぱりラウンジは良いですね!ANAラウンジの他はシャルル・ド・ゴールのスターアライアンスラウンジ、そしてどうもあまり思い出せないベトナムのラウンジしか経験ないんですが、ANA国際線ラウンジはかなり快適だと思います!

その後も、こちらのラウンジ何度か使ってます!

【一日中、ラウンジ】羽田空港 国際線 110番ゲート前、114番ゲート前と同日はしご!これだけ違ったANAラウンジ
羽田空港国際線にはANAラウンジが2つあります。これまで搭乗時刻によって便利な方を使うという感じでしたが、この日私はなんと搭乗時刻の10時間近く前に空港に乗り込んだので、超長時間ラウンジに居座りババアと化していました。そしてもちろんハシゴ!同日に2つ使ったことによりわかった「違い」をレポ!
【ANAラウンジ 羽田国際線】2019年8月初旬 の114番ゲート付近午前の様子
8月最初の方の某日、朝10時頃からの1時間ちょっと、114番ゲート付近のANAラウンジで過ごしました。時間帯などによって結構事情も変わってくるもので、夜に使った時とは少し雰囲気が違いました。1年ぶりにこの時間帯の114番付近ラウンジを使った感想です。

 

 

ラウンジ プラチナ会員としての搭乗記録
スポンサーリンク
マダムSFC

イングランドとパリに住んだことあるアラフォー。まだパリにいた2017年に一時帰国を3回とそれに合わせて石垣2回行ってANAプラチナ到達、そしてSFCゲット。
ステータスのために飛行機に乗る「修行」はしない主義。
搭乗回数、コストを減らして、その分観光しましょうということで、40代として辛くない程度にバジェット旅が多いです。
ヨーロッパだけでなく、最近は東南アジアを中期滞在していくノマド経験も共有していきます!
詳しすぎるプロフィール
お仕事のご依頼について
Twitter 質問箱(匿名で私に質問できます)

フォローして下さいな(最近インスタ始めました)。
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらクリック!
フォローして下さいな(最近インスタ始めました)。
関連コンテンツ
関連コンテンツ
空と地上の旅体験メモ(旧:修行なしでANAプラチナ会員へ)

コメント