スポンサーリンク
プラチナ会員としての搭乗記録

【1Aの乗り心地】ANA ビジネスクラス 羽田ークアラルンプールの深夜便、フルフラットであっという間の7時間

2019年3月中旬、羽田からクアラルンプールにビジネスクラスで飛んだ時の搭乗記です。ANAのビジネスクラス、スタッガードのフルフラットシートは3回目ですが、今回はなんと言っても1A!最前列はどんな感じ?また深夜便ならではのビジネスクラスとは?というレポートです!
ロワール渓谷(古城巡り)

【世界遺産!フランス ロワール渓谷】幾何学模様の庭園が見もの!美しきヴィランドリー城

世界遺産、ロワールの古城巡りシリーズです。今回ご紹介するヴィランドリー城は、中世の城砦の一部とフランス・ルネサンス様式が組み合わされた建築の美しさもさることながら、何といっても広大な庭園の素晴らしさが見もの。室内のインテリアもさすがフランスのセンスを感じ、とても思い出深い城の一つです。
沖縄本島(那覇入り)

【首里城:後編】豪華絢爛な玉座と展示された当時の様子に「異国の歴史」を見る。

いよいよ、国王の玉座がある正殿内部へ!金と朱色を基調としたその煌びやかな内装は、やはり日本の建築様式とは全く違っていて、本当に異国感があります。豪華絢爛な装飾と、王冠や王印などの展示、当時の儀式の模型など。
スポンサーリンク
沖縄本島(那覇入り)

【首里城:前編】 沖縄本島に来たら必ず行くべき世界遺産!琉球王国の栄華を体感できる!

復元と聞いて、城跡にテーマパークのように建っているのかなあ、とあまり期待していなかった首里城。そんな考えを吹き飛ばす、当時の雰囲気を忠実に再現した名城でした。本当に異文化、そして別の王朝があったところなんだなあと実感します。一気にタイムスリップできる首里城のレポ前半です。
マイルの貯め方

ANAカードはAMEXゴールドかダイナースか?徹底比較!

ANAでマイルを貯めるなら必須のANAカード。中でもSFCを目指すなら切り替え可能なカードを予め作っておく必要があります。入会時に大量のマイル 獲得が可能なキャンペーンをやっているのがANA アメックスゴールドとANAダイナース。年会費は高めながらメリットも沢山!どちらが良いのか徹底検証しました!
SFC(スーパーフライヤーズ)について

【王族?orいいカモ?】4月からPLT→平SFCになった私が思う。修行、そしてステータス。

風間俊介氏が沸騰ワード10でクローズアップされてから、一般にも少し認知度が高まっている「航空会社のステータス修行」。私自身は「飛行機に乗って観光はしない」という修行はしてないのですが、それでも2017年の計画はプラチナ到達ありきになってました。今、平のSFCになってみて、その心境を語ります。
クアラルンプール

【マレーシア編】Wi-Fiルーターより現地SIMを断固としてオススメする理由。

モバイルWiFiルーターがあれば、十分だと思っていませんか?いや、やはり現地のSIMを入れて、「電話番号」を持つことで、あなたのマレーシア(そしておそらく東南アジアの他地域)での可動域は大きく広がります。とにかくSMS認証が必要なサービスが多い!Grabでの配車アプリは必須!私がマレーシアの番号あって良かったという事例をご紹介します。
パリ

(鐘やパイプオルガンの動画あり)美しく、荘厳。パリのシンボル、ノートルダム大聖堂の思い出。

あまりにもショッキングなパリ・ノートルダム寺院の大火災。パリのシンボルはエッフェル塔でも凱旋門でもなくノートルダムだとごく自然に見ていました。当たり前に存在していたノートルダムが焼けて、あんな姿になったのは本当にやるせません。2013年から2018年までの間のカメラロールにポツポツとノートルダムの姿が残っていました。
旅行に役立つ情報など

【過信は危険!】旅先でGoogleマップのルートに依存しすぎた結果。

方向音痴な人間にとって、スマホ+Googleマップはもうなくてはならないもの。ついつい依存しすぎてしまいますが、旅先であまり過信してしまうと失敗もあります。私も数限りなく失敗してきましたが、そんな中で思い出せる事例をご紹介したいと思います。
北海道

【北海道ホテルの朝食レベル高っ】札幌 東急REIホテルの朝食が期待を大きく上回る美味しさで、つい食べ過ぎた話

北海道のホテルって、ランクにかかわらず、朝食のレベルが高すぎません?札幌のど真ん中にある札幌東急REIホテル、新しくて綺麗ですが部屋のサイズなど完全にビジホだったので朝食にそんなに期待してなかったのですが、驚きの充実ぶりにすっかり食べすぎてしまいました!
スポンサーリンク