マレーシア

マレーシアマレーシア
スポンサーリンク
ランカウイ

【ランカウイ/レストランレビュー5店】クアタウン街レポ(2)シーフード料理が美味しい!海南鶏飯やインド料理も

ランカウイの市街地、クアタウンでのレストラン(食堂)の5店舗のレポです!正直、日本人の好みはタイの方が優ってるかな、というイメージがあるマレーシアのランカウイですが、島だけあってシーフードなど、またクアラルンプールとは違った食文化がありました!美味しくてまた行きたい!というお店もあり、がっつりご紹介していきます!
ランカウイ

【ランカウイ/クアタウン】徒歩で散策レポ(1)巨大ショッピングセンター&バザール/港付近の散歩など

ランカウイで10泊したクアタウン。中心地ですがビーチのないエリアですが、その分チェナンとかに比べると物価が少し安めなので買い物やグルメは楽しめるかも?ホテルの横の大きなショッピングセンター(Haji Ismail Group)や港の方まで散歩した時の様子をご紹介します。
2021.05.11
ランカウイ

【ランカウイ】1泊2千円台!グリーニッシュホテル: 朝食付き、プール付きに10泊した完全レポ

2020年1〜2月の4週間弱を過ごしたランカウイ。最初に泊まったのはクアタウンにある「グリーニッシュホテル」で、割と大きめの中級ホテル。1泊2千円台でそんなに期待してなかったけど、予想より快適なステイとなりました。10泊したので微に入り細に入りレポします!
2021.05.31
スポンサーリンク
クアラルンプール

【シェアメイトが映画女優さんってこともある】海外で高級コンドを民泊(Airbnb)シェアする面白みと留意点

シェアメイトが日本人の映画女優?! 気さくに食事などに付き合っていただいた思い出話。2020年2月、クアラルンプールの高級コンド(ホテル併設型タワマンのような)で6泊。その時はベッドルーム(シャワー、洗面トイレ付き)が個室でLDKは他の2人と共有というタイプでした。こうしたシェアの感想や留意すべき点なども。
2021.05.15
クアラルンプール

【女優さんとシェア?!】クアラルンプール、Airbnbで絶景xプール付き高級コンドミニアムに泊まる!

2020年2月に6泊したクアラルンプールでは例によってAirbnbで高級コンドを予約。しかし前回と違って、3LDKのコンドを3人というタイプで、En-suite型(バスルーム付き)のベッドルームが個室というタイプでした。その代わり、ロケーション完璧、駅直結、そして超ラグジュリアスなインフィニティプール空間!
2021.04.21
ランカウイ

【クアラルンプールから70分】南の島ランカウイ:のんびりロングステイにいい!「暮らしやすさ」を解説

ランカウイはマレーシアの離島ですが、クアラルンプールから1時間少々で飛んでいくことができ、航空運賃も比較的安く、気軽に行ける南の島。2020年1〜2月に4週間近く過ごした私が、バンバン観光というよりは避寒地としてロングステイにおすすめなポイントをまとめます!
2021.05.02
クアラルンプール

【肉骨茶(バクテー) 】お土産に最適!クアラルンプールで買ってきた華人料理の定番パックを使って作ってみた!

肉骨茶、その字面にギョッとしてしまいますが、豚の骨付き肉を漢方で煮たスープ料理で、マレーシアやシンガポールの華人の間で発展したものだそうです!クアラルンプールのお店のも食べたことありますが、今回はスーパーで買ってきたパッケージを使い、日本のスーパーで売ってる材料で手軽に作ってみました。
クアラルンプール

【クアラルンプール】部屋食したい時はデリバリー!Foodpandaが良かったポイントと5回注文の詳細レビュー!

Foodpanda, GrabFood, Honestbeeという大手デリバリー会社の中でも、老舗のFoodpandaで5回注文してみました。コスパのいいお店は?どんな料理?メニューがマレー語でよくわからない…詳細にレポしています!
Airbnb(民泊)

【クアラルンプール 】部屋食したい時のコンビニ冷食、スーパーお弁当を一挙公開!

毎回外食じゃなくて、滞在先で気楽に部屋食したい!今回はクアラルンプールのコンドミニアムに3週間滞在した私が試した冷食とスーパーのお弁当を恥ずかしながらご紹介!食べ方や値段を含めた感想を書いています!
クアラルンプール

Web予約が可能に!【クアラルンプール】リッツ・カールトンでのアフタヌーンティが2千円少々で楽しめちゃう!

高級ホテルのアフタヌーンティーというものは、ちょっとしたレストランのディナー並の価格になることもある贅沢なもの。それが、クアラルンプールならリッツ・カールトンのアフタヌーンティでさえ、日本円で2千円ちょっとで楽しめちゃったんです。庶民な私が高級感溢れるリッツ・カールトンに潜入して贅沢なティータイムを過ごしたレポです!