北海道を旅する

北海道を旅する北海道

北海道はとにかく大きい!札幌の雪まつりに「開催直前」に行ったらどの程度見られる?また函館の夜景を含めた夜景や、小樽の食レポ、海鮮丼レポ、などなど!稚内や利尻にも出没!今度も北海道の色んな都市を攻めていきます!

スポンサーリンク
北海道

【北海道みやげ/六花亭】お手頃価格なのに高級感。 札幌本店で買ったものを一挙公開!

六花亭って全国区で有名ではないでしょうか?でもマルセイバターサンドしか知らない方も多いと思います。私もそうでした。レーズンがそんなに好きじゃないから…と思っていた私が札幌本店に行ったらすっかり虜に!明治大正のレトロモダンを思わせる、ステキなパッケージと味わいながらお手頃価格も魅力。
北海道

【札幌から電車で40分】小樽貴賓館(旧青山別邸)雪の中、贅を尽くした明治大正の豪邸へ!小樽駅からバスで20分

小樽駅からバスで20分ほどのところに、ニシン漁で財を成した大網元の、とんでもなく贅の限りを尽くした大豪邸があって一般公開されているというので見に行きました。雪深い日に住宅街を通って辿り着いたそこは、行く価値ありの素敵な場所でした!
北海道

【札幌から気軽に40分】小樽は明治・大正のハイカラを凝縮した和洋折衷都市!駅周辺の観光まとめ!

札幌からJR函館本線(ローカル線)で40分で行ける小樽。札幌とは違うこじんまりとした街ながら、明治から大正に栄え、豪商によって作られた街並みや文化は「ハイカラ」そのもの!今回は駅から徒歩で行ける小樽運河、堺町本通りや金融資料館(日銀旧小樽支店)、三角市場をご紹介!
スポンサーリンク
北海道

【豪華朝食&露天温泉】ドーミーイン稚内 やっぱり噂に違わぬ素晴らしさ!イクラ食べ放題と屋上温泉が最高

噂の豪華朝食ビュッフェ、そして露天付きの天然温泉が有名なドーミーイン 、札幌ではなくて稚内で初宿泊してきました!札幌に同じくイクラ食べ放題で最高の海鮮丼を自分の好みで作れる朝食の様子や、シーズン前で独り占めできてしまった温泉が期待を上回る素晴らしさで、詳細にレポしています!!!
2019.11.06
北海道

【稚内:宗谷岬】とうとうやってきた日本最北端の地!バスでアクセス可能!壮大な海を眺めつつ帆立ラーメン

日本最北端の地、宗谷岬に行ってみたいというのは何となく長年抱いていた願望。とうとう今年稚内に行き、その願望を叶えました。4月下旬であまり賑わいもなく有名食堂もまだ営業してない中、帆立ラーメンも食べました。そして知らなかった歴史の一部も学ぶことができる記念碑も数々が宗谷岬公園にはありました。
北海道

【4月下旬の利尻島】稚内からフェリーで!姫沼から望む利尻富士の美しさと静寂が贅沢な非日常。

4月下旬ならまだ飛行機が安い!と稚内にやってきて、利尻島でウニ丼食べることを楽しみにやってきたものの、5月からの営業だった!そして観光バスもやってないし路線バスも次まで2時間!というわけで利尻富士の麓にあって水面に映るのが美しいと言われる姫沼まで5km近い道を歩きシーズンオフの利尻島の美しい静けさを存分に味わってきました。
北海道

【北海道スイーツ!】札幌、小樽、函館で食べたデザート、9店舗の徹底レビュー!【六花亭、ルタオなども】

北海道といえば「食」。北海道グルメといえば海鮮、お寿司、はたまた札幌のジンギスカン、など色々出てきますが、デザート、スイーツという意味でも侮れない!今回は私が北海道で食べて回ったデザートの数々、ソフトクリーム、ジェラート、和菓子、新しいタイプのパンケーキ、六花亭の店舗限定のアイスサンドから函館の旧英国領事館でのアフタヌーンティーまで!
北海道

【稚内・利尻】大失敗?!ウニ丼目的で航空券の安いGW直前に行ったけどフライングだった!

美味しいウニ丼を常に夢見てる私ですが、南で石垣にやたら行ってるなら稚内もいつかは行ってみたい、という気持ちと、「利尻昆布を食べてるというウニを食べたい」という気持ちが強い憧れとなり、その夢を叶えたつもりが…コスパも狙いすぎると空振りだった、そんなお話です。
北海道

【札幌プリンスホテル】噂の朝食ブュッフェ【ハプナ】を堪能!お部屋や温泉の感想も!

品川プリンスのハプナの朝食バイキング、有名ですよね。私は品プリでは試したことがないのですが興味を持っていたところ、札幌プリンスホテルを利用する機会があり、そこにもハプナの朝食ビュッフェがありました!なんでも揃うバイキングはただ食べるにとどまらない楽しさがあります。温泉もついてる巨大ホテルです。
2019.08.29
北海道

【函館〜札幌】特急スーパー北斗の乗り心地!海景色を見ながら北海道2大都市間を移動

飛行機好きな私がたまに乗る高速鉄道!函館から札幌の移動にスーパー北斗に乗りました。3時間40分の旅。普通車ですが、なかなか快適でした。車窓の風景も駒ヶ岳が美しく、またかなり長く海側を走るので眠りに着くまで飽きずにずっと眺めていました。