修行せずに観光!

スポンサーリンク
沖縄本島(那覇入り)

【沖縄土産どうする?】国際通りで買い物できなくても那覇空港で何とかなる!ダイエットや健康にも気を使う人にオススメなのは!

国際通りで買いたいものも色々あったんですが、「帰る前日くらいに買おう」と思っていたら、台風直撃で買い物に出られませんでした。でも那覇空港で慌てて買い込んだものたちが結構良かった!ダイエットや健康が気になる方にもオススメの食品類のレビューです。また、買わずに後悔しているものについても…
南仏1ヶ月滞在中2018

【Airbnb(民泊)でお得にフランス旅行】フランスで3軒体験した私がAirBnbをオススメする理由とデメリット

今年、6月半ばから8月末の約2ヶ月半、フランスに滞在していましたが、その滞在先はAirbnbで手配しました。 今回は、そんな風に少し長めの滞在を「暮らすように」してみたい方や、短期だけどホテルより格安かつ快適な滞在をしたい、という方に、Airbnbがオススメできる理由や、同時に存在するデメリットなどを私の経験からお伝えしたいと思います!
沖縄本島(那覇入り)

沖縄本島から船に乗らずにバスで離島へ!ビーチから入ってこの珊瑚群は?!やんばる急行バスで行ける古宇利島はシュノーケリング天国!(2)

前回の続き、船に乗らずともバスで那覇から行けてしまう古宇利島のトケイ浜というビーチが想像を超えるほどシュノーケリング天国でした。干潮時には幼児プールのような浅さなのに珊瑚や魚がいっぱいで、ビックリ!間違いなく穴場なビーチです。
スポンサーリンク
沖縄本島(那覇入り)

【車ナシで楽しむ沖縄本島】超穴場!膝くらいの水深なのに珊瑚、魚だらけ!やんばる急行バスで行ける古宇利島はシュノーケリング天国!(1)

座間味に行くつもりが、台風が近づいている影響で船が欠航!ビーチからのシュノーケリングする気満々だったので、どうにか見つけだした代替策が、「バスで行ける古宇利島のトケイ浜」でした。これが期待以上の超穴場ビーチ!珊瑚や魚がビックリするくらい浅瀬にいます。でも干潮だと浅すぎて…
南仏1ヶ月滞在中2018

ニースの海は紺碧というより目の覚めるようなスカイブルー!コート・ダジュール最大の街を散歩

シャガール美術館を出た後の街歩きのことを中心に。フランスといえばパリに偏ってイメージされがちですが、パリにはない魅力がいっぱいの南フランス、中でも綺麗な海と瀟洒な街並みのコントラストがなんともポッシュなニース。 ブラピとアンジェリーナ・ジョリーが別荘持ってたり、世界中からお金持ちが集まる都市。その魅力に迫ってみました。
沖縄本島(那覇入り)

沖縄本島は個人で自由に海遊びしづらい?!キーワードは「都会」「人工」

那覇への航空券が安い!ということから、思いつきで初めて行った沖縄本島。石垣に昨年から3回も行って、その大自然の中での海遊びに親しんでた私は、沖縄本島の都会ぶりに圧倒されました。そして海は同じようにキレイだけど、都会ならではの管理体制に戸惑いが!シュノーケルなども禁止。あまり本島で遊ぶことについてわかってなかった!というお話です。
南仏1ヶ月滞在中2018

新幹線の永遠のライバル?!フランスが誇るTGVのファーストクラス(プルミエクラス)の乗り心地

パリから南フランスへの交通手段と言えば、TGVです。このブログはANAを始めとする飛行機大好きなブログですが、番外編ということでご紹介!そしてTGVといえば、我らが新幹線の「世界一速い鉄道」のタイトルを奪ったライバル。この夏は、帰りだけファーストクラスに乗ってみました。車内の様子や料金などについてご紹介します!
沖縄本島(那覇入り)

【車ナシ】どうする台風!初めての沖縄本島で台風が停滞していた1週間を無駄なく遊び尽くしたプラン【まとめ】

不幸なことに7泊8日も取って滞在したのに、その間中、停滞した台風の影響を受け続けた沖縄で、しかも重度のペーパードライバー2人組で車ナシ、という超悪条件の中、現地での計画変更でどうにか楽しめた、というところまでいけました。せっかく沖縄に来たのに台風という場合に、柔軟に計画変更ができるように、参考にしていただけると幸いです!
パリ

パリ街歩きにデザート探索はいかが?マカロン、タルト、チョコレート…日本のあの果実の味がパリでは大人気!

フランスは美食の国として知られていますが、デザートへのこだわりも群を抜いてると思います。ピエール・エルメ、ラデュレ、ダロワイヨ、などは日本でもスイーツ好きなら有名ですが、他にもオススメしたいブランド店や、街のパティスリーについてもご紹介!あと、ベルティヨンのアイスクリームについても!
南仏1ヶ月滞在中2018

南仏ニースのシャガール美術館ー20世紀の宗教画を創り上げた独自の聖書観、ここに集結。

コートダジュール最大の街、ニースには20世紀の巨匠、シャガールの国立美術館があります。存命中に建てられたこの美術館、シャガール自らデザインしたそうで、中に入ると旧約聖書の各場面を描いたシャガール作品が延々と続きます。ステンドグラスやタペストリー、壁画などの作品も。アンティーブのピカソ美術館に続き、南仏で見逃せない美術館のレポートです!
スポンサーリンク