修行せずに観光!

スポンサーリンク
北海道

まだ2月後半に可能性あり!【ANAツアー でかけよう北海道】がありえないくらい激安でオススメ

ANAグループがやってる平成30年北海道胆振東部地震復興キャンペーンの「でかけよう北海道」航空券とホテルのパックが超激安!3泊4日で2万円、これが往復航空券+まあまあのランクのホテル3泊分+JR1日券(小樽ー札幌ー新千歳)での値段!!まだとりあえずキャンセル待ちの日程残ってます!
パリ

本場?のノエル(クリスマス)の過ごし方はこんな感じ 〜あるフランス人家庭の場合〜

日本ではすっかりデートの日、が伝統になってきているクリスマスですが、ヨーロッパをはじめ、キリスト教文化圏の国々では「家族でご馳走を食べる日」という感じだと思います。日本でいうならお正月のようなクリスマス、私が昨年までフランス人親子と毎年過ごしていた様子をお伝えします!
ウィーン

ヨーロッパの街、クリスマスシーズンはこんな感じ!イングランド、パリ、ウィーン…6年分のスナップまとめ

2012年から2017年までは毎年ヨーロッパでクリスマスシーズンを過ごし、美しいイルミネーションやドイツ語文化圏のクリスマスマーケットを楽しんできました。東京でも綺麗なイルミネーションの街はあるけど、やはりヨーロッパ各都市のそれは規模が違い、圧巻です!個人的にはロンドンが最高。
スポンサーリンク
ドイツ

クリスマスマーケットに彩られたハイデルベルクの街散歩&フランクフルトで噂のシュニッツェルとアップルワインを堪能

ハイデルベルク城を楽しんだ後に散歩したハイデルベルクの街、ちょうどクリスマスマーケットの時期だったのですが、駆け足で散歩して見てきた街の様子をレポします。 また、帰りに電車でフランクフルトの街に出て、シュニッツェルとアップルワインを賞味したので、その感想もお届け!
ロンドン(他イングランド)

【ロンドン】庶民派?アフタヌーンティー(価格が高級店の半額以下)3店をレビュー!

イギリスでアフタヌーンティーしたい!って方、多いですよね。私は住んでいたり、離れてからもちょくちょく行ってたのに、「無駄に高い」という偏見で全然してこなかったんです。でも昨年、唐突にハマって3日連続でアフタヌーンティーしてしまいました。高級店ではなく、お手頃なお店ばかり3つほどご紹介!
石垣

【冬の石垣】修行でとんぼ返りなんてモッタイナイ!冬でも車なしでも十分楽しめる石垣を満喫しよう

オンシーズンに比べて、冬は航空券がぐっと安くなる石垣。羽田拠点だと国内で最も遠いので、SFCやJGC修行に検討されてる方も多いのでは? でも、冬だからって空港から出ずにトンボ返りしようなんて思っていませんか?それは本当に勿体無い!冬だからこそ竹富のサイクリングは心地いいし、シュノーケリングツアーだってやってます!
パリ

【海外で民泊ーAirbnb失敗(2)】最初の滞在先でハズレを引いてしまった私が、失敗しない見分け方を分析します!

前回の記事で紹介した、Airbnbのハズレ物件。しかし何でそんなハズレを引いてしまったのか?ホテルと異なり、Airbnbに提供されている情報だけで判断するしかなく、レビューも第三者サイトのものではないので、どうしても率直な意見が少なくなりそう…フェイクレビューの見分け方や写真などで注意すべきポイントをまとめました。
パリ

失敗した!パリのAirbnb、ハズレ物件はこんな感じ。実体験を語ります!(1)

一般の住居を借りて滞在できる民泊。ホテルに住むよりずっとコストが抑えられて、ホテルでは味わえない「現地の暮らし」も疑似体験できるので人気も高まっていますが、やはりそこにはデメリットもあり、当たり外れも大きいです。今回は私が初めて経験したパリのAirbnb物件がどれだけハズレだったか、実態を語ります!
ドイツ

フランクフルト空港から早朝向かったハイデルベルク城にいよいよ入城!(2)ロマネスク〜初期ゴシック様式と700年の時を感じる貴重な建築様式を堪能!

前回はフランクフルト空港からハイデルベルク城に入城するところまででしたが、今回は城の様子、城から眺める旧市街の絶景をご紹介します!13〜14世紀に成立し、17世紀に戦争で破壊されて以降長らく廃墟だった古城、まるで中世〜近世に迷い込んだかのようです。敢えて廃墟感が残されたままの修復で、近世のお城とは違う、異空間を楽しむことができます!
ドイツ

フランクフルトに早朝着?時間を有効に使いたいならハイデルベルク城に直行で!(1)

早朝にフランクフルトに着いたなら、ハイデルベルク城に直行で!激安の高速バスがあるし、全く無駄な時間がなく観光満足度も抜群に高いプランです!成立から700年以上と言われている古城と、美しい旧市街の風景に感激すること間違いなしです。朝5時20分の到着からハイデルベルク城に入るところまでのレポです。
スポンサーリンク