国内

スポンサーリンク
北海道

【函館・湯元啄木亭】 景色抜群の温泉を備える巨大温泉ホテルの夕食バイキング!

函館の湯の川温泉の街にある湯元啄木亭。随所に工夫の凝らされた和風の大きなホテルで、温泉が自慢の宿泊施設です。温泉施設だと、夜ご飯も外より中で完結したい、そんなあなたにうってつけのホテル、夕食ビュッフェの数々をできるだけ撮影してきました!
沖縄本島(那覇入り)

【首里城:後編】豪華絢爛な玉座と展示された当時の様子に「異国の歴史」を見る。

いよいよ、国王の玉座がある正殿内部へ!金と朱色を基調としたその煌びやかな内装は、やはり日本の建築様式とは全く違っていて、本当に異国感があります。豪華絢爛な装飾と、王冠や王印などの展示、当時の儀式の模型など。
沖縄本島(那覇入り)

【首里城:前編】 沖縄本島に来たら必ず行くべき世界遺産!琉球王国の栄華を体感できる!

復元と聞いて、城跡にテーマパークのように建っているのかなあ、とあまり期待していなかった首里城。そんな考えを吹き飛ばす、当時の雰囲気を忠実に再現した名城でした。本当に異文化、そして別の王朝があったところなんだなあと実感します。一気にタイムスリップできる首里城のレポ前半です。
スポンサーリンク
北海道

【北海道ホテルの朝食レベル高っ】札幌 東急REIホテルの朝食が期待を大きく上回る美味しさで、つい食べ過ぎた話

北海道のホテルって、ランクにかかわらず、朝食のレベルが高すぎません?札幌のど真ん中にある札幌東急REIホテル、新しくて綺麗ですが部屋のサイズなど完全にビジホだったので朝食にそんなに期待してなかったのですが、驚きの充実ぶりにすっかり食べすぎてしまいました!
北海道

北海道の夜景くらべ!函館、札幌、小樽(天狗山)…一番の絶景はやっぱりあそこでしょう!

北海道はグルメや温泉だけでなく、その土地の雄大さや明治以降に緻密に設計された街の景観を楽しむのも醍醐味の一つではないでしょうか。1〜2月にかけて、札幌、函館という二大都市、そして異国の雰囲気のある小樽にも行って来ましたので、その夜景などを比較しながらご紹介したいと思います!
沖縄本島(那覇入り)

沖縄が美味しい!沖縄そば、ステーキ、タイ料理、沖縄居酒屋、アグー豚しゃぶしゃぶ…丸ごとレポ!

沖縄といえばチャンプルーとか海ぶどうとかが有名ですが、行ってみてビックリ、本州では味わえないような美味しい食べ物が次々と出てきます。グルメ目的で行くのは北海道だけではない!沖縄の美味しさを知ったらオフシーズンでも行きたくなる?今回は私が沖縄で食べた7店をご紹介!
北海道

【出かけよう北海道】和食御膳も大変美味しい「オーセントホテル 小樽」の朝ごはん。

先日、オーセントホテル 小樽の洋食ビュッフェをご紹介しましたが、2泊目明けは和定食の朝食を試してみました!色々目移りするビュッフェと違って、落ち着いた和の内装のレストランで頂く和食御膳はこれまた北海道産の食材がふんだんに使われていて美味しい!またバター醤油ご飯が意表をついて美味しいです!
沖縄本島(那覇入り)

やっぱり美ら海水族館は凄かった!ジンベイザメやマンタが自在に泳ぎ回る巨大水槽は圧巻!

沖縄にある美ら海水族館といえば、世界でも最大級の巨大水族館です。ジンベイザメやマンタが自在に泳ぎ回る黒潮水槽の規模は想像を超える大きさで、老若男女誰もが楽しめること間違いなし。もちろん、その他のエリアも、海洋博公園の各エリアも段違いのスケールです。
北海道

【冬の北海道で海の幸!】函館・札幌・小樽で7店舗 食べ比べ!海鮮丼を食べるならどこ?

1月末〜2月頭に小樽・札幌、2月下旬に函館・札幌と行ってきました!目的の一つは海鮮丼!ウニは夏が旬ですが、それでもムラサキウニとかは冬も獲れます。小樽2店、札幌2店、函館3店、それぞれ良さがあり、甲乙つけがたい。この記事は書いてて食欲がどんどん湧き上がってきて、書き終えるのに苦労しました…
北海道

【出かけよう北海道!】オーセントホテル小樽の朝食が抜群に美味しかった件(洋食ビュッフェ編)

【地震に負けるな!北海道】1月末から2月にかけて行ってきた北海道ですが、また来てます(笑)。この前小樽で泊まった「オーセントホテル小樽」は設備もインテリアもお値段からは考えられない素敵なホテルですが、一番良いのが朝食!洋食ビュッフェと和食御膳と選べますがどちらも本当に美味で満足度100%!今回は洋食ビュッフェをレポ。
スポンサーリンク