バンコク

スポンサーリンク
バンコク

【バンコク/レストラン3選】地元民が勧めるタイスキ(焼き)や雰囲気抜群の最先端なお店など!屋台に抵抗あるならココへ!

屋台やローカルなお店での料理がとっても美味しいバンコクですが、中にはまだそういう感じに抵抗ある人もいらっしゃるでしょう。そういう方にオススメしたい、レストランを3つご紹介!トムヤムクンやエビ料理のような典型的なタイ料理、またアミューズメントパークか?!というほど楽しい雰囲気のあるお店、そしてタイスキの老舗店!
バンコク

【徹底レポ!ワット・ポー】バンコク最古!巨大な涅槃仏のみならず巨大な敷地に立ち並ぶ仏塔が圧巻!

バンコク3大寺院をコンプリート!巨大な涅槃仏が最大の実物ですが、それだけではなくラーマ1世から4世の遺骨も納められているという仏塔を始め、色彩豊かな美しい仏塔が所狭しと広大な敷地の寺院に立ち並んでいるのは壮観!またラーマ1世の時代に持ち込まれたという800以上もの仏像も特徴です。
バンコク

【バンコク/マッサージ】体験した4店徹底レポ!チップの相場は?ワットポー境内のタイ古式、足つぼ、タイ式フットマッサージ、激安で天国へ

タイ、バンコクと言えばタイ料理も金ピカの寺院も最新式のビルが増えている経済成長の活気も、魅力的なところは多いですが、マッサージは中でも本当に魅力的です!コスパ抜群なので1週間で4店に行き、足つぼ、タイ式フットマッサージ、ワットポー の超本格的なタイ古式マッサージ、街のマッサージ屋さんでのタイマッサージと経験してきました!
スポンサーリンク
バンコク

【バンコク 中華街!】安い!フカヒレ美味しい!カオス!この雰囲気!やっぱり外せないディープな世界

バンコクにいると、徐々に屋台にも慣れ、そうなると是非行きたいのがチャイナタウン!(中華街)所狭しと屋台、オープン型食堂が立ち並び、何でも試してみたい欲望に駆られます。西洋人観光客と地元の人でひしめく活気でお祭りのようなワクワク感がえられる場所。ここでフカヒレスープを試してみました!
バンコク

【バンコク ミシュラン掲載のB級グルメ】カオマンガイ(鶏飯)って美味しいの?超有名店へ!

タイだけではなく東南アジアで人気のメニュー、カオマンガイ(タイ以外では海南鶏飯として知られる)。バンコクではミシュランに掲載された「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」というお店が、行列ができるほど人気!東京の渋谷にも支店ができ、日本人が好きな味だということがわかります。そんなバンコクの人気店で初めてカオマンガイを食べてきました。
バンコク

【バンコクの穴場スポット!】ワット・ラチャナダラム 世界で唯一残存するローハプラサト様式が美しい!

ガイドブックにもあまり取り上げられていないというワット・ラチャナダラム。でも実はロハプラサートという独特な建築様式では世界に残存するただ一つのお寺なのです!かつて同じ建築様式で存在していたスリランカの寺院を模して1867年に建立。他の有名寺院に比べて観光客がかなり少ない静けさの中、じっくり見ることができます。
バンコク

【バンコク】Airbnbで一悶着?!1泊3千円台で滞在!インフィニティプール付きラグジュリアス体験

Airbnbを使うと、ホテルだけでなく一般の居住施設に泊まることもできます。東京では到底夢みたいなプール付きの高級コンドに、東南アジアの大都市では格安で泊まれてしまうのが魅力。今回はバンコクの最新コンドに泊まった経験ですが、目当てのプール理由を巡って一悶着?!
バンコク

【バンコク 屋台ムリな人もOK!】高級ショッピングセンターにお手頃フードの水上マーケット?!SookSiamでタイのローカルフードを満喫!

2018年にオープンしたという最新かつ高級イメージの強いショッピングセンター、ICONSIAM。入るなりエルメス、ブルガリ、ドルチェ&ガッバーナなどのカウンターパンチを喰らいますが、そこのG階にあるSookSiamは庶民グルメを楽しめる水上マーケットを模した本格的な空間!清潔な雰囲気の中、ストリートフードを味わえるのが魅力です!
バンコク

【バンコク】ワット・アルン 3大寺院の一つ!360度フォトジェニックな極彩色の陶器のお寺のあとは後はクルーズ船で街へ

バンコク3大寺院の一つ、ワット・アルンに渡し船で行き、その美しい陶器のモザイク紋様に圧倒されてしまったレポです。本当にどんな細かい部位を見ても完璧で白を基調とした中に多彩な色で精緻な装飾が施されていて、空間の中どこを見ても完璧。そのあとはチャオプラヤ川沿いの観光地に止まるボートに乗って話題のショッピングセンターへ!
バンコク

【バンコクのド定番】エメラルド寺院ーワットプラケオ(王宮)の豪華絢爛さ!その煌びやかな様子を写真100枚でお届け!

おそらくバンコクのアイコンと言えるのではないでしょうか?コインの絵柄にもなっているワットプラケオ(王宮)。本堂にはエメラルド大仏が納められており、エメラルド寺院とも呼ばれているそうです。テレビやバンコク関係の何かで必ず目にしているところですが、言ってみるともう驚きの煌びやかさで、その衝撃はヴェルサイユ宮殿と並びます…!