スポンサーリンク

【ベルリン】さすがの首都!世界都市を感じるブランデンブルク門周辺の散策後は我らが?ソニーセンターで食事

もう結構前ですが、イングランドにいた頃、ドイツに行きました。

最初はハンブルクを拠点に、ブレーメンやリューベックを周り、

【ハンブルク】北ドイツの港湾都市の底知れない魅力!ハンブルクバレエ、市庁舎、倉庫街など
北ドイツの港湾都市、ハンブルク。実はベルリンに次いでドイツ第2の都市なのです。ノイマイヤーという現代を代表する振り付け家が率いるハンブルクバレエを見に行ったのですが、ハンブルクという都市が期待以上に魅力的だった思い出を語ります。
【ドイツ/ブレーメン】世界遺産!グリム童話の舞台となった中世〜近世の雰囲気漂う都市!
もう大分前ですが、北ドイツに行き、ハンブルクを拠点にハンザ同盟の主要都市を回った時のシリーズです。今回はグリム童話で有名なブレーメン。カール大帝(初代神聖ローマ皇帝)の時代にまで遡る、中世〜近世の雰囲気が色濃く残る都市で600年の歴史を誇る広場や、それを取り囲む市庁舎などを見てきました。地下のレストランでお昼も。
【ドイツ/ブレーメン】聖ペトリ大聖堂:ヨーロッパ最古の煉瓦ゴシック建築の1つ!内観の素晴らしさに圧倒
グリム童話「ブレーメンの音楽隊」で有名なブレーメン。そのランドマークである聖ペトリ大聖堂の中に入ってみたら、すごかった!中世のロマネスク様式から、近世のゴシック様式が混在する内観に圧倒された時のこと、今でも覚えています。また、塔にも昇って、そこからの眺めも素晴らしかった!
【ドイツ/リューベック-1】まるで絵本の世界!ハンザ同盟の盟主、旧市街の中世感がすごい
ブレーメンの次に訪れたのはハンザ同盟の盟主だったリューベック。その街並みもまた中世の建築で現在も使われる市庁舎や防衛で作られた門など歴史感100%の空気。通りを歩いてると素晴らしい木琴の三重奏も聴こえてきて、中の1人は小学生のような男の子!生演奏を聴きながら街を歩けるのも贅沢です。
【ドイツ/リューベック-2】バッハも通った聖マリエン教会&市庁舎の地下レストランでの昼食!
世界史にも出てくるハンザ同盟(中世ドイツの都市同盟で北ヨーロッパの経済圏を支配)の盟主だったリューベック。その隆盛ぶりを象徴したとされる聖マリエン教会の素晴らしい内観をご紹介。バッハを魅了したというオルガン(大戦による焼失のため復元)など。市庁舎の地下レストラン、また中世感溢れる街並みも。

それからICEでベルリンに向かいました。

これはハンブルク駅近くのカフェでとった朝食。チーズにサラミにハムとパンですが、非常に美味しい。確かハンブルク駅を背にして左側にあるカフェで、当時すでに高評価だったので入ったところです。ただ店名を覚えてないのでmapで見てみましたが自信がなく、載せないことにします…


ドイツは失礼ながら、あまり美食のイメージがないですが、個人的にはかなり好みの味に出会えた国なんですよね。この年からドイツ語やる気力がないので住みたいという願望はないけど、コロナが落ち着いたら1ヶ月とかそんな感じで滞在したい。

スポンサーリンク

大都市ベルリン

ハンブルクからベルリンへはICEで行きました。今でもチケット買った時「高」と思った記憶がありますが(多分新幹線より少し安いくらい)、前もって買うともっと安かったり、バスだと激安だったみたいですね。

ICEの写真を撮ってないのが痛い…

ベルリン中央駅から乗って、泊まったホテルへ
ベルリンの地下鉄は広々としていて清潔感がある、という印象でした。当時は地方都市からよくロンドンに出てきてましたが、ロンドンの地下鉄は東京の大江戸線みたいに小さい車両の線が多いんですよね。

ブランデンブルク門 ベルリンのシンボル!

まずはベルリンのシンボルとも言える、ブランデンブルク門にやってきました。

18世紀前半、関税門として建てられたうちの一つ。

元々は関税門として、他のいくつかの門と共に1734年に設けられた門だそうです。

元々街道が伸びた先の都市名が各門につけられており、ブランデンブルク辺境伯国の首都だったブランデンブルクにちなんでこの門も名付けられました。

1868年に税関壁の取り壊しがあり、他の門も壊される中、この門だけ残ったそうです。

高さは26m、幅は65.5m、奥行きは11m。4頭建ての馬車に乗った女神の彫刻が素敵ですね。

門の下に入り、撮ったところ。パリの凱旋門のようにびっちり彫刻が施されているわけではありませんが、古典主義様式の彫刻が各パサージュに施されていて、素敵です。

ヴィルヘルム2世の命により竣工し、平和の門として建設された門ですが、完成後すぐにナポレオンがベルリンを征服したため、この門はさながらナポレオンのベルリン版凱旋門のように扱われてしまいました。

現在でもこの門の広場はパリ広場と呼ばれています。

これはメインの門の横の回廊?というべきか少し低めの建物の天井から吊り下がった灯篭…(ちょっと調べたんですけど全然出てこなくて自信なし)です。

国会議事堂もすぐそば

フランデンブルク門のすぐそばには国会議事堂が見えます。

ドイツ国旗と共に、EU旗もはためく。

さすが、ドイツらしい重厚な趣きですが、実は1933年に炎上しており、1999年(最近!)に修復された姿なのだとか。

その国会議事堂の方から見たブランデンブルク門。女神の姿は離れた方が全貌が見えますね。

上部には近代的なドーム。これは夜になると光って、クラシックな部分と現代的なイルミネーションと対照的で素敵なのだとか…(見逃しました)

クラシックな馬車

ウィーンでも見かけましたが、19世紀みたいな馬車サービスがあります。私は試したことがないですが、ドイツ語文化圏の街並みにこの馬車はよく合っていて憧れますね。


双子みたいで可愛い♪

ドイツは電車の中に自転車を持ち込めたり、自転車王国ですよね。最終目的地まで自転車だからなのか放置自転車でごちゃごちゃ…ということもないのですよね。ちなみに今Googleさんに人口密度を聞いてみると4087人/km²で東京の半分以下なので、真似できないかな〜
自転車を置いて、こんな風にスケッチに没頭している人とかもヨーロッパには普通にいます。

ソニーセンターで夕食

さて、ブランデンブルク門から歩いて15分ほどのところには、我らがソニーの施設、ソニーセンターがあります。ここはソニーのヨーロッパの拠点となっているだけではなく、大規模な複合施設になっていて飲食店が多々あります。

で、ドイツですからビール。

ドイツですからソーセージ…はもちろんのこと、ピザ?いや、ドイツにはイタリア人も結構いるので?だからなのかよくわかりませんが結構美味しいのですよ。クリスピーだった。ちなみにヨーロピアンはナイフとフォークでピザを食べます(日本人やアメリカ人みたいに手で食べない)

このキャベツのミルフィーユみたいなのも美味しかった。実は美味しいドイツです。

【ハンブルク】北ドイツの港湾都市の底知れない魅力!ハンブルクバレエ、市庁舎、倉庫街など
北ドイツの港湾都市、ハンブルク。実はベルリンに次いでドイツ第2の都市なのです。ノイマイヤーという現代を代表する振り付け家が率いるハンブルクバレエを見に行ったのですが、ハンブルクという都市が期待以上に魅力的だった思い出を語ります。
【ドイツ/ブレーメン】世界遺産!グリム童話の舞台となった中世〜近世の雰囲気漂う都市!
もう大分前ですが、北ドイツに行き、ハンブルクを拠点にハンザ同盟の主要都市を回った時のシリーズです。今回はグリム童話で有名なブレーメン。カール大帝(初代神聖ローマ皇帝)の時代にまで遡る、中世〜近世の雰囲気が色濃く残る都市で600年の歴史を誇る広場や、それを取り囲む市庁舎などを見てきました。地下のレストランでお昼も。
【ドイツ/ブレーメン】聖ペトリ大聖堂:ヨーロッパ最古の煉瓦ゴシック建築の1つ!内観の素晴らしさに圧倒
グリム童話「ブレーメンの音楽隊」で有名なブレーメン。そのランドマークである聖ペトリ大聖堂の中に入ってみたら、すごかった!中世のロマネスク様式から、近世のゴシック様式が混在する内観に圧倒された時のこと、今でも覚えています。また、塔にも昇って、そこからの眺めも素晴らしかった!
【ドイツ/リューベック-1】まるで絵本の世界!ハンザ同盟の盟主、旧市街の中世感がすごい
ブレーメンの次に訪れたのはハンザ同盟の盟主だったリューベック。その街並みもまた中世の建築で現在も使われる市庁舎や防衛で作られた門など歴史感100%の空気。通りを歩いてると素晴らしい木琴の三重奏も聴こえてきて、中の1人は小学生のような男の子!生演奏を聴きながら街を歩けるのも贅沢です。
【ドイツ/リューベック-2】バッハも通った聖マリエン教会&市庁舎の地下レストランでの昼食!
世界史にも出てくるハンザ同盟(中世ドイツの都市同盟で北ヨーロッパの経済圏を支配)の盟主だったリューベック。その隆盛ぶりを象徴したとされる聖マリエン教会の素晴らしい内観をご紹介。バッハを魅了したというオルガン(大戦による焼失のため復元)など。市庁舎の地下レストラン、また中世感溢れる街並みも。
クリスマスマーケットに彩られたハイデルベルクの街散歩&フランクフルトで噂のシュニッツェルとアップルワインを堪能
ハイデルベルク城を楽しんだ後に散歩したハイデルベルクの街、ちょうどクリスマスマーケットの時期だったのですが、駆け足で散歩して見てきた街の様子をレポします。 また、帰りに電車でフランクフルトの街に出て、シュニッツェルとアップルワインを賞味したので、その感想もお届け!

泊まったのは

お手頃価格ながら、快適なホテルでした。

ところで、私はこのようなKindle本を出してます(unlimited対象)

 

 

 

ドイツ
スポンサーリンク
水野珠子

Kindle本が出ました!
「フランス人の面の皮は分厚い〜日本人が学びたい個人主義という自由〜」
マダムSFC改め、水野珠子と名乗ります。本名じゃなくてペンネームです(みずたまと略したい)。
イングランドとパリに住んだことあるアラフォー。まだパリにいた2017年に一時帰国を3回とそれに合わせて石垣2回行ってANAプラチナ到達、そしてSFCゲット。
ステータスのために飛行機に乗る「修行」はしない主義。必要な分だけ乗ります。
40代として辛くない程度にバジェット旅が多いです。
ヨーロッパだけでなく、最近は東南アジアを中期滞在していくノマド経験も共有していきます!
詳しすぎるプロフィール
お仕事のご依頼について
Twitter 質問箱(匿名で私に質問できます)

フォローして下さいな(最近インスタ始めました)。
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらクリック!
フォローして下さいな(最近インスタ始めました)。
関連コンテンツ
関連コンテンツ
空と地上の旅体験メモ

コメント