スポンサーリンク

【タイ/サムイ島】ナムアンの滝:島内屈指の名瀑、滝壺で泳ぐ人も!象も見られる人気名所

2019年8〜9月に3週間滞在し、ハマってしまったタイのサムイ島ステイ。2020年2〜3月にも1ヶ月ほど滞在しました。

サムイ島に行ったら、基本的にビーチに毎日出てゴロゴロ本読んで、時々泳いで、みたいな生活をするのが幸せ〜って感じなんですが

【タイ/サムイ島】ラマイビーチ:落ち着いてるけどお店もあって便利、実はシュノーケリングも楽しめる?!
タイの離島、サムイ島。ビーチリゾートとしてプーケットに次ぐ人気を誇る島に、2019年8月から9月初頭にかけて3週間ほど過ごしました。中でも長く過ごしたのがラマイビーチの側。賑やかなチャウエンビーチとは対照的に、落ち着いたビーチとして人気です。透明度がないと思ってたら日によってはサンゴや魚もいっぱいいる?動画や写真で徹底レポです!

島も結構大きいので、海辺でないところにも見所はあります。

今回はその中でナムアンの滝をご紹介します。

スポンサーリンク

2つあるナムアンの滝のうちの1つ

この時は、滞在していた宿のオーナー夫妻の奥さんの方に連れてきてもらいました(確か800バーツで色々回ってくれました)。

ナムアンの滝って2つあるらしいのですが、この時に行ったのは、1、の方になるそうです。

2の方は干上がっているとのことで、1の方にだけ行こうということになりました。

南国の木々の中をマイナスイオンを感じながら歩いて滝へ

駐車場から順路を辿っていくところ。

この高い南国の木々の間を抜けていくのっですが、何とも爽やかな気分です。

いつもシュノーケリングの時にばかり使ってる、激安アクションカメラでも動画で映してたので、そのキャプチャーも貼ります。

滝まで降りていく足場は良いです。

ちょっと水量が足りない?それでも滝壺が大きく素晴らしい

奥さん曰く、「水があまりない」と残念な状態だったようなのですが、比較対象がないと十分気持ちの良い場所でしたね。

確かに滝の勢いもおとなしいですね。

もっと水が流れているそうですが、向こう側の岩場にいるカップルを見ると、結構大きな滝壺だと思うのですよね。

iPhone 6sでの撮影です。滝へ降りてくる道は舗装されてるのですが、下まで来て滝壺に近づくとなると、こうした岩場になるので滑らないように気をつけなきゃなりません。

 

この時は見て写真撮って、という人が多かったですが、この滝壺で泳ぐ人も多く、岩場で水着姿でくつろいでる人も多いとか。

この時は1人だけど一応ツアーみたいな感じになってたので、そこまでできなかったけど、バイクとかで来られるなら、たまには海じゃなくて滝で泳いだりするのもいいかも…

象もいる

ナムアンの滝から上がってきたところには、象がいました!

ここでは象に乗って滝の散策を楽しんだりするツアーがあるみたいです。

ただ、私は象好きなので、象さんにとって苦痛ではないのか…?と疑問に思ってしまい、乗ろうと思ったことはないです。(まあ高所恐怖症なのもあるんですが)

Samui Elephant Sanctuary | Tour Details | Book here
Book your tour to experience being with rescued elephants in a natural setting at our ethical sanctuary in Koh Samui, Thailand.

↑こちらは、こういう象乗りやショーを虐待とみなしていて、そこから「救い出した」ゾウさんに餌をあげたり、一緒に散歩したりできるみたいです。

こっちの方が私は惹かれますね。

全然関係ないですが、象といえば私はyoutubeのストリーミングでアフリカ象をほぼ毎日見てる今日この頃です。

【ステイホームのストレス発散!】LIVEカメラで自宅からサファリ/海中のサメに遭遇!渋谷やローマにも
旅行もままならないまま夏が終わろうとしている今、自宅にずっといると、かなり息が詰まりそう…。そこで最近はアフリカやアラスカ、はたまたフロリダの海中とライブカメラのストリーミングを流して、自室に「現地と繋がった窓」がある態で過ごしています。渋谷やローマなニューヨークなど都市型ライブカメラも!

農園やリパノイ港などを見て帰途に

ナムアンの滝の後に回ったところも合わせてご紹介します!

果樹園メインの広大な農園

ここは観光地というわけではなく、オーナーの親戚(伯母さんという方が出てきてた)の農園みたいなので、地図で示したりとかもできないのですが、農園というものに馴染みがない私には興味深いところだったので、ぜひご紹介させてください。

こういう感じで車で入っていく感じなのですが、ずっと南国特有の木が連なっていて、ところどころに家などの建物があります。

なんといってもココナッツ(ヤシの実)が木になっていたり、地面に落ちてたりするのが南国っぽいです。子供の頃からの憧れだったので、サムイではしょっちゅうココナッツ買ってます。

いろんな種類の木が植えられてて、公園のような感じです。

本当に広くて、どういう所有形態になっているのかわからないけど、ご親戚、お金持ちそうね…と思ってしまいました。

 

めちゃめちゃ背の高い椰子の木とかもあります。あそこから落ちたヤシの実が頭に直撃すると本当に危険なので気をつけるようにと言われました。ほんと怖いよ…

こちらも何だがすごい。

何だかすごく贅沢な感じに思えてしまいました。海辺で暮らすのもいいけど、海に気軽に行ける場所で、こんな風に木や花に囲まれ、果物が採れるって最高じゃないですか。

リパ・ノイ港

私は最初にサムイ島に行った時はバンコクからエアアジアでスラータニー、バスでドンサック港、そしてフェリーでリパ・ノイ港まで来ました。

【直行の半額以下!】AirAsiaで行くバンコク→サムイ:バス、フェリーで乗り継ぐ6時間完全ガイド
タイのリゾート地で、プーケットに次いで人気になってきているサムイ島。しかしサムイ島の空港を独占的に運営するバンコクエアウェイズは高い…そういうわけで8月、比較すると1万円ほど節約できるエアアジア の「飛行機→バス→フェリー」で行く旅に挑戦してみました。乗り継ぎの手順など細かく写真付きで説明!感想なども正直に書いちゃいます!

さすがに40代にはキツく、もう絶対取らないルートですが(笑)、リパ・ノイ港自体は綺麗です。

サムイ島って東側は主にヨーロピアン(アメリカ人もたまにいるかな)で賑わってるんですが、西側は案外のんびりしていて喧騒もあまり感じられないのです。

ここで座ってたら何時間も経ってしまいそう。

この時のツアーはここまで(この後、遅めのランチをしつつ)だったのですが、2020年3月にも色々回っていたので、また追々記事にしていきたいと思います!

サムイ島
美しい海に囲まれ、自然も楽しめるサムイ島でサムイ島で3週間過ごしてきました!Airbnbを使って快適できれいな宿泊をしてきた様子や方法、チャウエンビーチ、ラマイビーチ 、シルバー(クリスタル)ビーチ、ボプットビーチの比較や、食事情報、ナイトマーケットなど豊富な情報をお届けします!

この時泊まっていたのはボプットエリアのBaan Patcharintorn Samui

【タイ/サムイ島(ボプットエリア)】1泊2300円!オシャレ可愛いインテリアに夫婦のホスピタリティが光る超高評価のinn!
今回は本当にセンスが光る、可愛くて素敵な宿をご紹介します。本当に細部に至るまでおしゃれで凝っていて、写真以上に素敵なところでした。その客室や共有部分、また周辺情報などを詳しく書いていきます。ボプットビーチはチャウエンはもちろん、ラマイと比べても落ち着いていて、少しポッシュなエリアでした。

↑もしこちらに泊まって、上の農園に行ってみたい場合は、是非この記事見せながらお願いしてみてください(笑)

ちなみに私、こういったKindle本を出しています。

 

サムイ島
スポンサーリンク
水野珠子

Kindle本が出ました!
「フランス人の面の皮は分厚い〜日本人が学びたい個人主義という自由〜」
マダムSFC改め、水野珠子と名乗ります。本名じゃなくてペンネームです(みずたまと略したい)。
イングランドとパリに住んだことあるアラフォー。まだパリにいた2017年に一時帰国を3回とそれに合わせて石垣2回行ってANAプラチナ到達、そしてSFCゲット。
ステータスのために飛行機に乗る「修行」はしない主義。必要な分だけ乗ります。
40代として辛くない程度にバジェット旅が多いです。
ヨーロッパだけでなく、最近は東南アジアを中期滞在していくノマド経験も共有していきます!
詳しすぎるプロフィール
お仕事のご依頼について
Twitter 質問箱(匿名で私に質問できます)

フォローして下さいな(最近インスタ始めました)。
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらクリック!
フォローして下さいな(最近インスタ始めました)。
関連コンテンツ
関連コンテンツ
空と地上の旅体験メモ(旧:修行なしでANAプラチナ会員へ)

コメント