スポンサーリンク

【日本どうなってんの?】ANAのダブルプレミアムポイントですが、キャンペーンではないでしょ?「措置」でしょ?

Twitterでは色々つぶやく私ですが、基本このブログでは航空券情報や旅ログを淡々と書くことにしています。

でも、先日アナウンスされたANAのプレミアムポイント2倍という措置について、ちょっと色々思うところがあります。

プレミアムポイントの特別倍率での積算について | ANAマイレージクラブ
【ANA公式サイト】プレミアムポイントの特別倍率での積算について。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「ANAマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどANAのマイルを貯めて使えるサービス満載。

これを「6月末まで飛びまくってお得にステータスを得るチャンス!」というのは、ちょっと違うんでないの?

ということを語りたいです。

スポンサーリンク

なんだか日本、変だよ?何でそんなに呑気なの?

この前、珍しく

【忘備録的】東南アジア滞在中の身から見たコロナウイルス騒動と、世界の東洋人差別について思うこと
東京を出る時、「今、中国で新型肺炎とかいうのが流行ってるらしいから気をつけなさいよ」「らしいね〜。ま、大丈夫でしょ」という軽い会話を親と交わしていたのに、まさかここまでになるとは思いませんでした…東南アジア2ヶ月滞在中の身から見たコロナウイルスの騒動の変遷と、この騒動の前から考えていた、日本人が噂する「東洋人差別」について長々と今回語ってます。

というような記事を書きましたが、それから1ヶ月で情勢もまた大きく変化しています。

その記事にあるように、私は1月の半ばすぎから約2ヶ月東南アジア(ランカウイ →クアラルンプール→サムイ島)に滞在していて、数日前に帰国しました。

しかしたった数日で「あれ?」と思ってしまうのが

日本(東京)、通常モード?

っていう驚きです。

まず、帰国時にスクリーニングもなく、普通に野放しでした。
マスク超大国なのに、マスクされずに電車に乗っておられる方が半分。
店はどこも通常営業。
桜の開花情報が出回っている。(←見に行く気?)
海外に行けないから高速バスで国内旅行に行こうというようなTweetが流れている。

いや、マジで何で皆さん、

海外は危ないけど日本は平気ー♬モードになってんの?

とビックリしています。

極め付けは


ひろゆき氏もパリですが、私みたいなノービザで2ヶ月いただけの人間でも

日本が異常だって思います

大体、いつから日本が「安全」になったんですか?

2月下旬、私はランカウイからクアラルンプールに移り、1週間ほど過ごしていましたが、既にその時に日本はダイヤモンドプリンセス号のこともあり、中国と同じラインというか、政府の失策のせいで感染者を生み出していることや、 検査要員の防御の非徹底、街に野放しになった感染者など、

かなり危険な国

として見られていました。

前の記事では東アジア人の差別について書きましたが、そういう見た目的な話ではなく、ちゃんとニュースを見ていて中国と日本の区別もちゃんとついている層であっても、いやむしろそういう層の中で

日本はコロナウイルスへの対応がおかしい

という意味で危険とみなされるようになってきたと思います。

確かにその後、イタリアの感染者数と死者数が爆発的に増えて、コロナウイルスの目がヨーロッパに移ったかのように見えます。

でも、ウイルスって、台風じゃないんです。

ヨーロッパに移動したから日本が安全なわけ、ないんです。

日本にも感染者は多数確認されていて、そして不調を訴える人の中でも重症じゃないと検査が受けられていない現状

こうしてる間にも誰かが感染していると思うんです。

ちなみに、殆どの外国人は「日本が安全」なんて思ってないですよ

これは全く思われてないと言っても過言ではないです。

ちなみにこちらは私がクアラルンプール空港で、日をまたぐトランジットだったため、空港制限エリア内のホテルに泊まった時に出ていたものです。

これらの国や都市にいた人、訪問した人、出身である人の予約をマレーシアの移民局の制限規定によって受け入れないとしています。

北海道と書かれてはいますが、日本もがっつり対象国です。

しかも、それは写真に撮れなかったのですが、チェックインの時に書類を渡され

2019年12月以降に、以下の国や都市にいたか?という質問には北海道に限定されず、日本は全て対象になっていました。

だから私はチェックをせざるをえず(1月半ばすぎまで日本にいましたから)、「チェックをした人は答えてください」の健康状態チェックのいくつかの項目に答えなくてはいけませんでした。

これ、3月18日の話です。少し前です。

そして、私がサムイ島にいた時、タイ人、イタリア人、イギリス人などのホテル経営者、スタッフ、レストランの人などと話しましたが、

全員

「ここなら安心だから、日本に帰らなくて済めば良いのにね」

「日本に帰るなんて危険だね」

という前提で話してきました。

そのサムイ島も終盤はついに空港の検査で陽性と出て入院させたイタリア人観光客が窓を壊して逃走するという騒ぎが起こり(警察が捜索して捕まえた)

「やっぱりこれだけ今感染が広がっているヨーロッパからの観光客が多いサムイ島も…」

ということになって、ちっとも安心できる地ではなくなったのですが、

それでも、後半は私は東より圧倒的に人の少ない西側に移っていたこともあって、

東京よりはここの方が安全

という感覚でいました。

だから帰国する時に、親とLINE通話していて

「今、海外帰りの人が危ないって空気だから、帰ってくる時、目立たないようにね」

と言われて

「あのねえ!私は日本より安全なところにいたのよ!そんなこと言われる筋合いないわ」

と言ってました。

もちろんそうは言っても空港や飛行機を経て危なくなるわけなので、そうならないよう最新の注意を払い(マスク、アルコールジェル、しっかりシャワー、スマホもしょっちゅう拭き、帰国後全て消毒するなど)帰ってきたのですが

何だか、空港から乗った電車からして、

「あれ?なんか同じ程度に混んでるし…マスクつけてない人も半分いるし…」

翌日買い物に出ていても、何だか全然緊張感が漂ってない。

私が想像していた感じと全然違うっていうか、あれ?なんかあれ?

ってすごく拍子抜けしてます。

あなたは重症化しないかもしれない。でもあなたが「ウイルス媒介者」になるかもしれない

確かにコロナウイルス は、若者や中年層はかかってもそう重症化しないと言われています。

でもね、発表されてるところによれば、それが高齢者となるとリスクがめちゃくちゃ高くなるそうなんですよ。

私が帰国後ピリピリしてるのも、老いた両親と暮らしてるからなのですが、特に父は持病を抱えているので、かかったら終わりと思い、気をつけています。

ちなみにフランスでは、ここまで爆発的に増える少し前(イタリアで起こったあたり)に、介護ホームに入れている90代後半の祖母を見舞えなくなった、とフランス人が寂しそうに言っていました。

日本では高齢者への接触にそういった制限などが特に施行されておらず、不思議に思っています。

うちの母が

「これで高齢者の数が減れば、年金問題も医療費問題もひとまず良くなるから、なんて思ってんじゃないかしら」

って言っていて

「いくら何でもそれはないでしょ」

とは思いますけど、そんな発想出るような対応だと思います、日本。

とりあえずこのウイルスは人から人に感染してるわけで

だから各国が外出禁止令出したり、鎖国や都市封鎖に踏み切っているのです。

あなたは自覚症状がなかったり、軽かったりしても、あなたが外で接触したり、間接接触した見知らぬ人が感染し、その人が老人と暮らしてるかもしれない

そのことを、意識しなければいけない時期だと思いますし、その警告が不十分なこの国の対応に非常に不信感を覚えています。

私が驚いているのは、震災後に被災地でも順番を守って並び、ワールドカップではスタジアムのゴミを片付けて、その公共意識の高さが評価されている日本人が、なんだか今回はそうでもないように感じてしまうことです。

ANAの今回の特別倍率、これは「救済措置」と考えるべきでは?

もちろん、この状況でANAの経営にも多大な影響が及んでいるのはわかります。

私も日本に帰ってくる機内、かなり乗客が少なかったのを見てますので、それはわかります。

だから、このダブルプレミアムポイントに、修行僧やステータス好きな層を見込んでのキャンペーン的要素がないとは言いませんが、

それでもあくまでも体裁としては「救済措置」であると思います。

つまり、

既にステータスを取ろうという計画で搭乗したり、チケット購入してきたのに、この状況で予定通りいかなくなった人に向けての措置

です。ですから

プレミアムポイントの特別倍率での積算について | ANAマイレージクラブ
【ANA公式サイト】プレミアムポイントの特別倍率での積算について。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「ANAマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどANAのマイルを貯めて使えるサービス満載。

このページにはどこにもキャンペーン!的な空気がないですよね(もちろんそれをやれば批判の対象になるわけですが)。

もちろんSFCが欲しい、いやいやダイヤに1度なってみたい、今年もダイヤ防衛するぞ!と意気込んでた皆さんには

「チャンス!」

にしか見えないと思いますし、

正直私も、既に搭乗している分と、海外発券にくっつけた国内ストップオーバー分(5月下旬予定)やクアラルンプールへの戻りとを合わせると、この2倍によってそれだけでPLTいきます。

だから、正直このアナウンスを見て

「ラッキー」

って気持ちは起こりました。

でも、だからって、このブログで

チャンスですよ!今なら2倍です!6月までのチケットを買うべき!

って書こうとは微塵も思わなかったです。

もし収束しなければ5月下旬に予定している宮古島行きもやめようと思っていますし、クアラルンプールへの戻りも延期しようと思っています。

本当は6月に沖縄本島に用事があって行こうと思っていたので、今スーパーバリューで買えば安いですが、それも二の足を踏んでいます。

正直言えば、このブログも、多少は広告で収益化しており、有名どころと比べれば微々たるものですが、それでもこのウイルス騒ぎで検索流入数は半分以下くらいの勢いで落ち、収益に至っては半分どころじゃなく落ちてます。

旅ログよりも「この航空券でPP単価安くいけますよ!」的な記事の方がアクセス数も多く、私だって人気が出るような記事を書きたいとは思っています。

でも、今回は私個人の広告収益などを気にしている場合じゃないのでね。そういうレベルじゃないです。

私が今回これを書こうと思ったのは、日本人の危機意識の低さに業を煮やして、というのもありますが、

とある大手のブロガーさんが、「チャンス!」とばかりに書かれていて、しかもその方が本職(と称されている)お立場からして

「それはないんじゃないの…」

と思ったからです。

その記事のコメントには「この時期に修行を増やすなんて」という批判があったのですが、その方は「それはANAに言ってください」と返信されてました。

なので私は、もちろんANAの本心ではそういう狙いはあるとは思うけれども、少なくともこれはキャンペーンではないし、そう取るべきではない、と言いたくなりました。

イタリアもフランスも、爆発感染が起こる1週間前まで、予想してなかったみたいですよ。

呑気にしてて、マスクへの意識も改めず…の結果でした。

なぜ日本が大丈夫と思えるのか。

 

ちなみにこの記事は、基本的に修行だのステータスだの、が分かる方に向けて書きました。

何のこっちゃ?だった方はこちらへ

【修行までするって?】ANAのプラチナ会員になると何がいいの?上級会員の知られざる特権!
最近、沸騰ワード10などで話題の「ステータス修行僧」。何やら用事もないのに飛行機に乗りまくって「ポイント」や「搭乗回数」を貯めている…?そんなことまでして、どんないいことがあるの?!と理解できないあなたに、ANAの事例で解説いたします。
【ANAで解説】上級会員になるのに必要なのはマイルじゃないよ?プレミアムポイント だよ!
何度言っても、「飛行機に乗って貯めると言ったら、マイル(マイレージ)でしょ?」という認識のあなた。もちろん飛行機に乗ったらマイルは貯まりますが、マイルは飛行機に乗らなくても貯められる。でもマイルは貯めても上級会員にはなれないんです!ステータスを得るにはANAならプレミアムポイント を年内に貯めなきゃなりません。

 

ANAのプラチナ会員になるには? 雑記全般
スポンサーリンク
マダムSFC

イングランドとパリに住んだことあるアラフォー。まだパリにいた2017年に一時帰国を3回とそれに合わせて石垣2回行ってANAプラチナ到達、そしてSFCゲット。
ステータスのために飛行機に乗る「修行」はしない主義。
搭乗回数、コストを減らして、その分観光しましょうということで、40代として辛くない程度にバジェット旅が多いです。
ヨーロッパだけでなく、最近は東南アジアを中期滞在していくノマド経験も共有していきます!
詳しすぎるプロフィール
お仕事のご依頼について
Twitter 質問箱(匿名で私に質問できます)

フォローして下さいな(最近インスタ始めました)。
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらクリック!
フォローして下さいな(最近インスタ始めました)。
関連コンテンツ
関連コンテンツ
空と地上の旅体験メモ(旧:修行なしでANAプラチナ会員へ)

コメント