スポンサーリンク

【タイ/サムイ島(ボプットエリア)】1泊2300円!オシャレ可愛いインテリアに夫婦のホスピタリティが光る超高評価のinn!

2019年8月から9月にかけて、3週間ほど滞在したサムイ島では、Airbnb(ここからお得なクーポン!)で3軒借り、順々に滞在しました。

【サムイ島(タイ)】Airbnbの予約で半額以下!1泊2500円で快適!プール付き、人気ビーチまで徒歩圏
タイの離島リゾートとしてはプーケットに並んで人気のサムイ島。2019年の夏はここで3週間ほど過ごし、3つの宿泊先を転々としました。まず一つ目のホテルをご紹介。ホテル予約サイトの半額以下で泊まれたのは、やっぱり一押しのAirbnb。安いけど、快適な滞在となりました。
【タイ/サムイ島】1泊2800円でビーチまで徒歩3分、広くて清潔な部屋で超快適なリゾート中期滞在♬
ノマドライフ、サムイ島での2軒目をご紹介!一回南仏でAirbnbを通して1ヶ月滞在したことから、ビーチに近い中期滞在にハマってしまった私です。そして東南アジアなら激安で結構快適な部屋に泊まれるので、正直日本にいるのが馬鹿らしくなり、ノービザ期間の限り、滞在していきたいなと思ってます。

今日はその3軒目についてご紹介します!

スポンサーリンク

ボプットエリアにある、森の中の宿

ラマイビーチからタクシーで400バーツ(1400円ほど)払って、ここに引っ越してきました。道路から少し入ったところにあり、よくレビューにa hidden gem(隠れた宝石)と書いてありましたが、確かにここは森の中にあり、街中の喧騒から隔離されたマイナスイオンの漂う雰囲気の中にあります。

階段があり、そこの先がレセプションのような感じ。

クリームがかった壁に青を基調としていて、なんかセンスの良い建物ですよ。

オーナー夫妻の旦那さんの方が出迎えてくれました。

共有エリア ーキッチンで電子レンジやトースターが使える!

こちらは入り口のすぐ横にあるキッチンです。ここは自由に使っていいとされてます。

自分で買ってきたパンをトーストしたり、テイクアウトしてきたのを温めなおしたりして、ここで食べることもできます。

お茶は無料で提供されています。

コーヒーは豆から挽いてるマシンがあって、確か30バーツとかで入れてもらえます。

こちらはロビーのような感じで、キッチンと反対側の入り口左手にありました。

そして、ここが受付になってます。受付の部屋の前で靴を脱ぐようになっていて、下駄箱的なラックもあります。

階段を上がってお部屋へ…

オーナー夫妻の旦那さんが荷物を運んでくれつつ、部屋へ案内してくれました。

この客室が並んだ、ホールも可愛いでしょう-!💕

ランプとか時計とかいちいち可愛い!

そしてEn-suiteのお部屋へ!(ベッドルーム+バスルーム)

これはほんとにホテルというか宿の滞在自体をインテリアとか含めて楽しみたい女性(に限らず、可愛いインテリアに目がない全ての人)にお勧めしたい!

このコストで、こんな素敵な場所に滞在する幸せはコスパいいとしか言いようがない!

ベッドルーム

もう入った瞬間、「わあー💕」となったお部屋です!

このベッド回り、完璧じゃありません⁈

しかもこのベッドの寝心地も最高だった!

デスクも、長くて引き出しもいっぱいあって、とても使いやすい!

クローゼットも非常に大きく、さらに南国で着心地の良いバスローブもついてて、これはガウンがわりにもなりそうでした。

金庫もちゃんと完備。

バスルームのインテリアもレトロモダンで可愛い!

入り口横のバスルームは引き戸になっていて、そこもほんと最高のデザインだった!

アメニティも色々完備されていて、この洗面台のボウルもオシャレ!

シャワーは可動式のシャワーにレインシャワーもついていて、たまに使うと気持ち良かった!

そして注目すべきはこの湯沸かし。普通これ、なんかダサいでしょ?なのにそれさえも可愛い。

バルコニー

このジャングルちっくな森の中にあることを100%楽しめるバルコニー!

小鳥がさえずり、リスもこの木を縦横無尽に駆け巡り、もうすごい自然の恵みって感じ。

ここで出前の食事取ったり、お茶したり、ビール飲んだり、ビーチとは違ったゆったりした時間を楽しめました。

ボプットビーチまでは徒歩20分

ここの難点は、ビーチまでは結構遠いってことなんです。

こういう感じの道を歩くと、幹線道路みたいなところに出て、フィーシャーマンビレッジの方に向かいます。

ボプットビーチエリアの様子

もう9月だったのもあると思いますが、パリピビーチと言われるチャウエンはもとより、2週間ちょっと滞在したラマイと比べても、少し落ち着いた大人な感じのエリアでした。

ビーチ通りはこんな感じで、お店が立ち並んでます。

ちょっとポッシュな感じのバーとかも結構あった感じ。

ビーチは、多分9月の上旬であるこの季節は少し曇り空が多く、あまり泳いでる人もいなかった。

もしかして、宿のオーナー夫妻が言ってた「2月がいい」ってここのビーチのことかも(この記事を書いてるのが2月終わり頃なのですが、再びサムイにいて、ラマイビーチにいますが、波が高いんですよね…今こそこっちのビーチが良かったのかも…)

ただ、ビーチで屋外で受けられるマッサージはラマイより少し安め。

そこからの光景。

マッサージ受けてる時は下向いてて見てるわけじゃないですが、波音感じながらのマッサージは良かったですよ!

ここらへんはラマイよりも少し高そうなホテルやお店がある感じかも。

ここの薬局でよくペットボトルの水買ってました。

基本的に何でもありそう。

水曜と金曜日には夜市やってます。

ラマイの日曜市ほどは賑わってなかったですが、屋台がずらっと並んでお祭りっぽくていいですね。


外食や買い物

ここも少し前のラマイの2軒より少し不便ではあったかな。宿の直ぐ近くに、ローカルなお店があるので、ビールとかお菓子とか買えますが。

あと徒歩10分くらいのところに、こういう感じの市場的なところもあり、屋台も出てました。

私は時々ここでマンゴスチン買ったかな。

 

フィッシャーマンビレッジから少し外れたところにあるレストランで2回ほど食事しました。

ちょっと中華とタイの中間といった感じのお店。オープンエアです。

何となく、私の中での安全パイ、グリーンカレー。

これは日本で昔から好きでよく食べてるのですが、ここのグリーンカレーも普通に美味しい。

ただ、ラマイビーチ周辺のお店の倍以上する〜。

というわけで、あまりこのへんのレストランは利用していなくて…

時には、ファミリーマートでレジ前に並んでた、50バーツのお弁当?買って食べたりしてました。

 

宿から注文できるデリバリー

でも、この宿からデリバリーが注文できて、大体1料理が50~60バーツとリーズナブル。

ちょっと見た目が何ですが、パッタイですね。

とりあえず、ここで利用してたデリバリーは何を食べても美味しかったです。

メニューは写真付きだったので、わかりやすいですし、ちょっと疲れてる時に頼めるのは良かったですね。

でも、夜7時くらいまでに言わないと締め切られます…

大体部屋にいる時にオーナー夫妻のどちらかが受け取って持ってきてくれたのですが、食器を持ってきてくれたことがありました。

これはいつもFried Noodleで、Big oneと言って出てくる、平麺で太いタイプですね。

私、これがすごく好きなんです。

果物を買うこともできる(たまに無料でくれる)

ココナッツは有機栽培してるみたいで、40バーツだったかな、買える時は必ず買ってました。

このドラゴンフルーツは、あるきっかけでくれました。

 

食品量販店?Makroに併設しているタピオカ屋

この宿から徒歩15分ほどのところに、Makroという巨大な食品量販店があります。

一応行ってみたのですが、Makroの店内は食糧の箱売りとかされていて、あまり個人、1人で滞在してる私には買うものなさそうだったんですが(でもグループで来てる滞在者は多かったですね)、そこに併設されてるタピオカ屋さんに寄ってみました。

 

普段、タピオカって全然飲まない私ですが、王道のを頼んでみました。やっぱり南国で飲むと美味しいですね。タピオカももっちりした定番の食感でした。

結構レベル高いケーキ屋さんもあり。

こちらは宿から徒歩10分くらい?のところにあったケーキ屋さん。

この時はパリ→バンコク→サムイ、という旅程だったのですが、パリを出て1ヶ月くらい経ってて、無性にデザート食べたい癖が出たので買ってみました。

確か150バーツくらいしてたので、日本と比べても安くはないですが、これはかなりレベル高かった!

ここは本当に素敵な宿!ただ…

とりあえず、ここは本当に素敵な宿です。

2千円台で、こんな素敵なインテリアの中で快適に過ごせるというのは奇跡だと思いました。

ただ、

やっぱり森の中にあるだけあって、

徒歩ベースだと不便かな〜(汗)

やっぱりバイクや車などをレンタルしてこそ、快適と言えるかも…

ちなみに、サムイ島って実は免許なくても借りることはできるらしい。でもそれってもちろん捕まることもあるし(罰金?か賄賂?を払う)、何より事故ったら保険もおりなくて大変なので、オススメは全くできないですけどね。

あと、

これはバルコニーから写した光景なのですが、鶏小屋があるのわかりますか?

これが曲者でした…

ここの雄鶏が夜明け前からよく鳴くんです(笑)

でも、これは隣の敷地のだそうで、オーナー夫妻がどうにかできるものではなく…

ただ、3日目くらいから慣れました。

部屋はこの鶏小屋の方と、反対側に面してる方(入り口と同じ向き)とあるので、ホテル予約サイトなどで予約すると要望言えるかもしれません。(Hotels.comで見る/Expediaで見る

多分Airbnbで予約すると部屋番号は決まってます。

 

とりあえず、私は今年か来年に小型自動二輪の免許を取って、そうすると国際免許上もバイクの運転が可能になるので、バイクレンタルできるようになったら、絶対ここで長期過ごしたいな〜と思ってます。

サムイ島に長めに滞在するならAirbnbもチェック。

この宿もホテル予約サイトで出てきます。(Hotels.comで見る/Expediaで見る

ただ、Airbnbの方が少し安くなっているので、そこは比べてみてください。

Airbnbに新規で会員になるなら、招待リンクから3,700円分の宿泊クーポン、1388円分のアクティビティクーポン進呈できます!

入会して、最初の宿泊先の支払いから3,700円分が割引されます(支払いが8,000円以上の場合)。

紹介者となる私も、あなた様が最初の旅行を終えられてから1,900円のクーポンがつくという、win-winの条件ですので、もしよろしければ、こちらからご入会ください。
(ちなみにクーポンを取得されても、私の方には下のお名前だけ通知されます。私のようにアルファベット登録されてる方もいらっしゃいますので、より匿名度が高まるかと)

しかもデルタのスカイマイル 貯まります

おそらく皆さん、デルタのニッポン500マイルキャンペーンのこともありますし、デルタのアカウントもお持ちだと思います。

【ANAでもJALでもLCCでも可!】デルタのスカイマイルもしっかり貯めよう!【Airbnbでも貯まる!】
ANAも JALも加盟していないスカイチームのデルタ、日本人にとってはマイルを貯めにくいスカイマイルですが、そのせいか「ニッポン500マイル」という、どの航空会社でも日本国内1区間につき500マイルくれちゃうというキャンペーンをやってます!またAirbnbもデルタの専用ページから予約するとお得!

こちらのページ経由でAirbnbを予約すると、1米ドルあたり1マイル貯まります。(米ドル建てで決済する必要はありません。円建てで払って、為替に従って計算されます)

ちなみに、ここでも新規入会クーポンやってますが、私の紹介であるこちらからの方がお得です(笑)
私のリンクからの入会でクーポンを取得してから、いざ予約したい案件が決まったらデルタ経由で予約すれば、普通に併用できますので、新規入会は是非是非こちらから!(笑)

 

 

サムイ島 Airbnb(民泊)
スポンサーリンク
マダムSFC

イングランドとパリに住んだことあるアラフォー。まだパリにいた2017年に一時帰国を3回とそれに合わせて石垣2回行ってANAプラチナ到達、そしてSFCゲット。
ステータスのために飛行機に乗る「修行」はしない主義。
搭乗回数、コストを減らして、その分観光しましょうということで、40代として辛くない程度にバジェット旅が多いです。
ヨーロッパだけでなく、最近は東南アジアを中期滞在していくノマド経験も共有していきます!
詳しすぎるプロフィール
お仕事のご依頼について
Twitter 質問箱(匿名で私に質問できます)

フォローして下さいな(最近インスタ始めました)。
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらクリック!
フォローして下さいな(最近インスタ始めました)。
関連コンテンツ
関連コンテンツ
空と地上の旅体験メモ(旧:修行なしでANAプラチナ会員へ)

コメント