スポンサーリンク

【函館・湯元啄木亭】 景色抜群の温泉を備える巨大温泉ホテルの夕食バイキング!

北海道

2月末に函館に行った際、1泊目は湯元啄木亭(楽天トラベルHotels.comagoda)に泊まりました。

温泉旅館ならぬ、温泉ホテル(和風)という感じで、二食付きでしたがビュッフェ形式の会場で食べるという感じ。

なかなか快適な滞在だったので、今回は夕食の様子メインでご紹介したいと思います(後日朝食の様子をupします)。

スポンサーリンク

湯の川温泉の街にそびえる和風だけど大きなホテル建築

2月の終わり頃、私は函館に向かっていました。

函館空港の前の巨大な雪だるま。

空港から函館駅行きのバスに乗りました。

そういえば、この時もGoogleマップのルート検索に頼りすぎて、「湯の川1丁目」で降りて歩いて言ったのですが、雪道が残る中、ちょっと大変だったかも。もっと良いルートがあったかもしれない。


ちょっと向こうに見えている建物です。

 こんな感じのかなり大きな建物でした。

下層階はこんな風になってて和の情緒が押し出されてました。
 入り口はこんな感じ。

館内はとにかく「和」!随所に工夫が凝らされた空間

館内に入ると、日本庭園を一面に眺めることのできる広いロビー。


東京だと、「目黒雅叙園」を思い出してました。お庭も素晴らしいです。

部屋は8階とかその辺りでしたが、エレベーターホールから廊下に至るまで、砂利に飛び石が施されていたりなど、徹底した「和」の空間づくりが施されています。

 廊下脇も砂利に飛び石が。

畳のお部屋は旅館風でくつろげます

部屋に入ると、そこは完全に旅館のインテリアです。

 靴脱ぎの脇にユニットバスがありました。
お菓子やお茶も用意されてました。

懐かしさを覚えるインテリア。
浴衣にタオルが用意されていて、羽織も用意されてたので、温泉の後に浴衣で館内を歩くのも大丈夫。

いよいよ夕食へ!完全網羅のビュッフェメニュー!

こちらでは朝夕食付きでした。あまり宿泊先で夕食も食べるということは少ないのですが、温泉付きの場合、温泉入ってから夕食、それからまた温泉、みたいな楽しみ方をした場合、宿泊先で食べられるのって楽でいいですよね。ちなみに浴衣で行けます。

 2階のビュッフェ会場に向かいます。

会場までの廊下からの庭園の眺め。

席は案内されます。

北海道各地のグルメがずらり

まず目に入ったのが、北海道各地のメニューが並んでいるコーナーです。

知内町、木古内町「ホッキの熱々アヒージョ」や松前町、福島町の「ハタハタ飯寿司」

松前町の「サメのムニエル」、厚沢部町「山ごぼうとなめ茸の冷製パスタ」、七飯町「リンゴロッケ」

などなど。

とにかく全ての要望に応えてるような豊富なメニュー!

イカみかん鍋という珍しい料理や、ババガレイの煮付け。

サラダもレタスの他に水菜だったり海藻だったり、ドレッシングもしっかり。

お寿司コーナーも握りたてのが食べられます。

お魚系前菜も充実してました。しめ鯖の刺身や、生サーモンと豆腐のサラダ。

こちらほくほくのポテトですが、バターだけじゃなくてホタテの塩辛をつけても、というもの。
 飲むパンプキン。

柳の舞という珍しいお魚の煮付けや、紅ズワイガニの鉄砲汁なども!
 
上ノ国町のフルーツポークを使った煮込み料理や、その場で焼いてくれるお肉も!

ユリ根とスイートコーンの茶碗蒸し。あと鮭と白菜のはさみ漬け、わさび昆布などご飯のお供も。

スモークチーズ入りのピザ、というのも美味しそうでした!

飲み物もコーヒー、紅茶やほうじ茶、お茶など揃っていて、向こうには北海道牛乳もありました。

デザートも、ぶどうにマンゴー。手作りチーズプリン、黒蜜きな粉のロールケーキ、ホワイトチョコチーズケーキ。

というわけで、いただきました♪

友達と私の取り分をご紹介(笑)上のビュッフェの紹介の中に出てこないのも入ってます。(全部撮るのは難しい)

2人ともその場で焼いてもらえるお肉食べましたが、美味しかったです!お刺身系もビュッフェとは思えぬ新鮮な感じで、美味しかったです。上のはお蕎麦だったかな(友人)。


魚介系のマリネも美味しかったです。

ちょっと反省点は、ザンギと餃子は普通だったので、これを食べずにもっと魚介系いくべきでした。ほんとギャル曽根までいかなくとも高橋真麻並みの胃袋が欲しい(そして太らない体!)

デザート、黒蜜のきな粉のロールケーキも、チーズプリンも美味しかったー!

もちろん、温泉は最高

こちらはもちろん写真には撮れてないので、各予約サイトの紹介写真を見ていただきたいのですが、

湯元啄木亭(楽天トラベルHotels.comagoda

ほんと、それらの紹介ページの写真以上に良かったですよ!

内湯もとても広くて、一面窓になっていて眺めも良いのですが、露天風呂があって、そこから函館山や海も見えました(女湯)。

あまりに良いので、1泊2日で3回入りましたね(笑)夜もいいですが、オススメは朝湯!露天風呂からの眺めが最高です!

北海道
スポンサーリンク
マダムSFC

パリから帰国したアラフォー。
ANAの半永久ステータス?であるSFCを所有してますが、ステータスのために飛行機に乗る「修行」はしない主義。搭乗回数、コストを減らして、その分観光しましょうということで、色々とコスパ良い旅なども提案してます。
「マダム」というのは日本ではお金持ちのイメージですが、フランス語ではMadameは単に一定以上の年齢の女性への呼びかけです。庶民が贅沢に憧れてなんとかする、そんなブログです。
広告出稿代理業、プロモーション提案、など承ります。
写真はMBA留学していたイングランドの大学でのボールパーティにて。普段はユニクロ愛用です。

マダムSFCをフォローする
この記事が気に入ったらクリック!
マダムSFCをフォローする
関連コンテンツ
関連コンテンツ
修行なしでANAプラチナ会員へ

コメント