スポンサーリンク

W杯決勝戦!南フランスの盛り上がり! TVのあるカフェに行ってみた

2018年の7月、私は南フランスのカンヌ近くのビーチ沿いの街に滞在していました。

2018年の7月と言えば…そう、

ロシアでワールドカップが開催されていた

時でありました。

準決勝の様子はこちら。

【南仏1ヶ月滞在中】W杯準決勝でベルギーに勝利したフランスの歓喜!+日本とベルギー戦、パリのカフェでの観戦
フランスのサッカー熱は結構すごいです。ヨーロッパ全般かもしれませんが。 フランスは、2年前に、ヨーロッパ選手権の開催国だったんです。この時もフランスは決勝まで行ったのですが、負けちゃいました。あの時の近所中に響き渡る阿鼻叫喚すごかったなあ。 そんなフランスがこのW杯で準決勝まできたから大変です。

(この時は結構日本も大健闘していて、↑記事の最後ではパリのカフェで「ベルギーVS日本」戦を見守ったことについても書いてます。)

 

そして7月16日午後4時過ぎ、子供達のラ・マルセイエーズの歌声が聴こえてきました。
テラスから覗いてみると、トリコロールの花飾りを頭にのせた可愛らしい子供達がトリコロールの国旗をまとって親たちとどこかに出かける様子。

お〜そろそろ決勝か〜と思いつつもブログ執筆が終わる頃にはフランスが1点先制!

前回の準決勝と違って、あまり歓声聴こえてこないのは、みんなTVモニターのあるバーやカフェに行ったな?!と思って、私も前半だけはTVで見て、後半慌ててカフェに行って見ました。

 

スポンサーリンク

地元民だらけのカフェに場違いながらも潜入

カンヌというか、近郊の街なのでイタリア人は結構いますが、観光地カンヌのど真ん中と違ってフランス人が多い街。

同じフランス人でもパリから来てるような観光客も多い中、このお店は地元民が多そうな雰囲気でした。

お店の人が自分も応援したい中、すっごい忙しそうだったんだけど、どうにかビールを注文して、席も最初カウンターの横に案内されたんだけど、写真で背中写ってるおじさんが、「こっちの椅子の方がいいんじゃない?」って座らせてくれました。


お店の外にはフランスギャルたちが。

3点目が入った瞬間、撮れたー!

なんとなく、これはいきそうだぞ、とビデオ回したら3点目が入った瞬間撮れました!すごい歓喜!!

4点目の直後

そしてラ・マルセイエーズ(国歌)を歌い出す人々

もうみんな、勝利を感じ始めて興奮抑えられない感じ

Nous allons gagner! (We are going to win!)

アディショナルタイムに入り、ヌザロンガニエ!ヌザロンガニエ!(我々が勝つぞ!)と連呼し出してます

 

そして優勝の瞬間!

エンコードしてもアップロードできる容量を超えてたのでツイッターを埋め込みました!
私はさっと前に回って撮影始めましたが、なんだかこっちも嬉しくなっちゃいましたねー

félicitations!!!

店の外に回ってみると


子供達も大喜び!

 

フランス人が歓喜すると珍走団になります。

この珍走団状態は、このブログを書いている、もう試合後3時間以上経ってる今も聴こえて来ますよ〜!

 

帰宅してテレビつけてみた

もう珍走団はきりがなく続くので、家に帰ってTVつけてみました。

土砂降りの中(あれ?試合終わっていきなりこんな土砂降りに?)選手ひとりひとりと抱き合うマクロン。ええな〜。

この前の準決勝よりすごいことになってました、シャンゼリゼ!!!

すごい…

TV見てると、ここから数時間経った今(フランス時間22時半)もまだこの勢いで人がいて、爆竹とか鳴らしまくってます。

ま〜ね〜優勝だもんね〜興奮冷めやらないですよね〜。羨ましいな、優勝だなんて。

 

パリから電話かかって来ましたが、シャンゼリゼからは離れた、普通の住宅地なのにもうえらい騒ぎが続いてるそうです。

というわけで、ワールドカップ 優勝に喜ぶ、フランスの様子でした!!

 

フランスに住んでいた時の経験から、日本人とフランス人の比較論を書きました!

フランス人の面の皮は分厚い: 日本人が学びたい「個人主義」という自由な生き様
フランス人と日本人って、「発想」がそもそも違うー これって「個人主義」発想と...
フランス情報
パリに在住していた私が、パリだけでなくカンヌ、ニース 、ボルドー、ブルゴーニュ、リヨン、ブルターニュ、ルーアンなどなど各地を旅行したログを公開!フランス人との旅が多いので、日本人だけではなかなか行かない場所や情報を随時更新!

 

コメント