プレエコの落とし穴

ランキング参加中!クリックお願いします
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

前回の記事では、多大な時間やお金を使って修行をしてまでプラチナ、そしてSFCのステイタスを得るよりは、本当に必要な時、乗りたい時にプレミアムエコノミーを買って乗る方が良いのでは?という考えを述べました。

もちろん、飛行機に乗ること自体が大好き!って方や、優先カウンターや優先搭乗など優先されるのがこの上なく好き!って方にとっては、時間もお金も問題じゃないのだと思いますが、そこまでではない人にとって、ただ行って帰ってくる、SFCのためだけに、っていうのはちょっと貴重なお休みなどを削ってやることなのかなと…(繰り返しますが、飛行機に乗ること自体が楽しい方にとってはそれが楽しい休日だと思いますが)。

ただ、昨年3往復、つまり6回プレミアムエコノミーに搭乗してみて、とにかくSFCやスターアライアンスゴールドの特典全てが欲しい方にとっては物足りない部分もあるのかな、とは思いました。

今回はその点について述べたいと思います。

スポンサードサーチ

=プレエコの落とし穴 1= チェックインカウンター

平会員の人がプレエコを買った時、使えるカウンターは「ブロンズ/プレミアムエコノミー」か、「エコノミー」のカウンターかのいずれかです。

私の経験では、「ブロンズ/プレミアムエコノミー」のカウンターは設置されている時もありますが、「ビジネス/スターアライアンスゴールド(プラチナ、SFC含む)」のカウンターが4〜6窓口開いてるのに比べて1つか2つしかありませんでしたし、そもそも開いてない時もあり、12月に羽田からフランクフルトに戻る時はエコノミーの列にずっと並んでいました。

その時はすでにブロンズでもあったので、「なんで専用カウンター開かないの〜?」と少しイライラしてしまいました。

=プレエコの落とし穴 2= 出国審査や保安検査場は一般レーン

これは日本を出る時よりも、海外から出る時の方が差が大きいかなと思います。私はこの間、初めてパリのシャルル・ド・ゴール空港でAccess No.1を使い、その早さに感激しました。

この優先レーンが使える、使えないというのはかなり大きいですね。

スポンサードサーチ

=プレエコの落とし穴 3= 海外で使えるラウンジは限られている

私が昨年1月にプレエコで出発する時、パリのシャルル・ド・ゴールのスターアライアンスラウンジは使えるもの、と思っていたのですが、これが大きな落とし穴でした。

なんと、フランクフルト経由でパリからフランクフルトまではルフトハンザのエコノミーなので、その場合パリでのラウンジ利用資格はなかったのです!(が〜ん)

これは結構がっかりな出来事でした。

さらに、フランクフルトでは元々プレミアムエコノミーではラウンジ利用できないのです。なので、この時は全くラウンジ利用できず。

ラウンジ利用権はSFCを目指す人の間で大きなメリットと考えらえているので、ここを重視する方は、やはり何としてもSFCが欲しいところなのかもしれませんね。

の風間さんも、修行の様子をTVで取材受けている時にラウンジで何か飲みながら、「上級会員ステータスの花形ってラウンジだよな〜」なんて呟いていらっしゃいました…まあ確かに楽しいんですよね、ラウンジ。

=プレエコの落とし穴 4= 優先搭乗はない

これはないんですよね〜。なのでラウンジ使ってる時は、もうギリギリまでラウンジにいて、そろそろ行かないと探されちゃうぞ、ってくらいまでいたりして。

12月にフランクフルトに向かう便の時は、荷物を入れる場所が無くなってて、困ってたら、ヨーロピアンの乗客が自分の荷物を整理して場所を空けてくれました。

私的にはこの優先搭乗はプラチナやSFCの大きなメリットかなと思いますね。

ランキング参加中
最後までお読みいただき、ありがとうございます。よろしければTwitterのフォローお願いします。更新情報以外にも色々呟きます。

*ランキング参加中
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
関連コンテンツ

特にはてなブックマーク「B!」を今一番欲しております。もしこの記事が役立つと思われたはてブ会員の方はポチッとお願いします!

フォローする