この夏、海に出かける人は貴重品はどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7
ランキング参加中!クリックお願いします
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

さて、私は昨年、ヨーロッパ発プレエコセール+日本国内ストップオーバー無料のキャンペーンを使って最大限のコスパを実現するために、国内の目的地を石垣に定めました。

つまり昨年はプレミアムポイント目的で羽田から最も遠い石垣に2回も飛んだわけですが、今年は解脱モードで全然貯めてないにもかかわらず(今年はパリからのもう1往復を特典航空券でやるので、1万もいかないかも?!)、この前も同じキャンペーンで今度はエコノミーで500ユーロ台という破格の値段でパリ東京往復に石垣つけて、友達と行ってきました。

つまり、石垣にものすごくハマりました(笑)

とはいえ、私は昔はあまり海に行きたいタイプじゃなかったんですよ。

泳ぐのは好きなんですが、プール派で、海は足がつかないところで浮きもなく泳ぐのは怖くて、立ち泳ぎも得意じゃないし、泳ぐとなると結構マジ泳ぎになってしまうタイプなので、あんまり海で泳ぐの好きじゃなかったんです。砂とかでザラザラになったり、後始末も面倒だし。

でも、それは関東近県の濁った海しか知らないからでした。

石垣から1回ボートシュノーケリングしたり、石垣本島の米原ビーチ行ったら世界変わります。

とりあえず、石垣レポは今度色々書きたいと思いますが、そんな風に海遊びに興じてこなかった私が、昨年は2回とも1人で行くにあたり、特に夏はさすがに1人でビーチに行って泳ぎたかったので、

スポンサードサーチ

海に入ってる間、貴重品どうしよう?

って疑問が浮かんだのでした。

そこで買ったのはこちら。
スマホ用の防水ケースです。

これにスマホと、カードと、最小限のお金を入れとくのはどうだろうと。

でも実際にはやっぱりそのまま水につけるのは怖すぎて無理でした。

で、どう使ったかと言いますと、これをさらに大きいサイズのジップロックに入れて、ウェストポーチに入れ、首と片腕に通す感じでできるだけ浸からないよう泳いでました。

そんな感じで使ってる分には大丈夫だったのですが、それは浮き輪を使って泳いでたりで、シュノーケリングは個人ではやってなかったからなんです。

でも、今年は米原ビーチなどでがっつりシュノーケリングを個人でもやりたい!友達に荷物番をしてもらうわけにもいかない。

この点、やっぱりパリなんかで暮らしてたから「どうせ誰もとらないよ」なんてビーチに置きっぱなしで海に入るなんてできないんですよね。

そこで悩みに悩んで買ったのが、これです。

トライアスロン用スイムブイ

これ、非常に便利でした!

とりあえずスマホや財布(私の財布は結構重め)をジップロックに入れます(念のため)。

それで青いベルトの部分からクルクルと折って、黒い吹き込み口のところで留めて、吹き込み口のキャップを取って、少し息を吹き込んだらすぐ膨らみます。

それを何かベルトを引っ掛けられるところにつけて泳ぐのに全然邪魔になりません。

何よりいいのは!

浮き輪を膨らませるのはポンプなど使って一苦労ですが、これは自分の息で簡単に膨らむ点です。

それで浮きとしてもかなり役立つんですよ。

ちなみに楽天で黄色のタイプが売ってたので迷ったのですが、黄色はサメを刺激する色という情報を目にしてしまい、オレンジは避けられる色と言われていると知って、オレンジの方を買いました。

最初は浮き輪が安く買える中、この値段はどうかなあ〜と思ってましたが、これをつけてても泳ぎやすいし(トライアスロン用と銘打たれてるだけある)、良い買い物でした。

実はこの夏はカンヌで1人で1ヶ月ほど過ごす予定です。

カンヌ自体は3度目なのですが、いつもはパラソルとチェアを借りて、財布などはホテルの金庫に入れて出かけてきてた感じなので、今回は貴重品の管理は自分でしなきゃいけない状況です。

石垣よりも、使えるかもしれない。

しかも1人で泳いでて、沖に流されたらオレンジ色だから見つけてもらいやすいかもしれない…

修行で沖縄あたり検討されてる皆さんも、気軽に少し海に入ってみるのに、とても便利だと思いますよ!

ランキング参加中

最後までお読みいただき、ありがとうございます。よろしければTwitterのフォローお願いします。更新情報以外にも色々呟きます。

*ランキング参加中
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
特にはてなブックマーク「B!」を今一番欲しております。もしこの記事が役立つと思われたはてブ会員の方はポチッとお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする