続:初めまして!私がプラチナ、そしてSFCを目指すまでの葛藤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7
ランキング参加中!クリックお願いします
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

前回からの続きです。

昔は飛行機に乗る時、カウンターでいつも自分は長蛇の列に並んでいるのに、ガラガラのカウンターに颯爽と向かう人たち、搭乗口の近くでコーヒーでも飲もうかとウロウロしていると航空会社のラウンジの表示の方向に向かう人たち、搭乗時には先にさっさと乗り込んでいく人たち…、そんな特別扱いをされているのはビジネスクラス以上に乗っている人たちのことだと思っていました。

ですから、やっとの事でマイルを貯めてビジネスに乗ったりすると、席の快適さだけではなく、そうした「優先」サービスを存分に楽しんでいました。

でも、そのように最初はマイルのみに注目し、ANAと提携航空会社のみに絞って乗るようになり、 ANAの会員サイトでそのマイルの付与状況などをチェックしていると、徐々に気づいてしまいます。

プレミアムポイントって何?

上級会員?それ、どんないいことがあるの?

こうしたことは後日詳しく説明しますが、とにかく私はそこに気づいて調べることによって、興味は持っていました。

スポンサードサーチ

上級会員になるにはどれくらい乗ればいいの?

でも、そんなに上級会員になれるほど乗るわけじゃないし!

ANAの上級会員には上から、ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズ、とあり、それぞれ1年で10万ポイント、5万ポイント、3万ポイントと貯めなくてはなりません。

私は基本的に、エコノミーを買うにしても日付も変更できないSuper Valueか、日付だけ手数料払えば変更可能なSpecialを買うことが当時は多かったので、試しにANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーションを使って、一体どれくらい乗れば到達するのか調べてみました。

ちなみにマイルの積算自体は、例えばANAのどんなタイプのクレジットカードを持っているかとか、それこそステイタス自体で変わりますが、

上級会員資格に必要なプレミアムポイントというものは、どの路線に、どんな予約クラスで乗ったか、ということのみで算出されます。

それによれば、私の普段買うエコノミーの予約クラス(マイル積算率30%か50%)では、30%のクラスだと、

東京ーパリ 1,858 ポイント

って…ブロンズになるのにしても、8往復ちょっと!1年で8往復もしてられるか!

しかもブロンズじゃ、せいぜいチェックインカウンターで時々ブロンズカウンターの設置がある、予約時に指定可能座席範囲が一般より少し広くなる、ブロンズデスクがある、くらいしかいいことないです。ラウンジ使うのにマイルなどを消費しなきゃいけないので実質使わないでしょう。

じゃ、SFCカードの申請が可能にもなり、グンとメリットが多くなるプラチナになるには、

13往復半!

無理無理無理無理。1年で東京とパリを13往復半って。

無理でしょ?!

と諦めていたわけなのでした。

そんな私がプラチナに到達したのは

そんな私がなぜ結果的にプラチナに到達し、念願のSFCを手にしたか、それはANAフランスが突如行った大セール、プレエコのSuper value運賃によって、日本パリ間を3往復、日本に帰国する度に1回ずつ国内旅行をしたら、5万ポイント貯まったっていうのが、当ブログのお話です。

なんだ、海外に住んでないから海外発券の話されても、って思っちゃいましたか?

いえいえ、だって日本に住んでたって海外初の往復で買ってる人はいっぱいいます

日本から片道切符でそこまでいくとか、往復の期間をながーく取って、その間に海外発で往復するとか、そこまでしてもペイします。

このブログはそんな経緯を綴り、ただ飛行機に乗ってとんぼ返り、なんていう修行は一切ナシだったので、そんな風にきちんと目的地で楽しみたい方の参考になるような旅行記なども加えていきたいと思っています。2017年は石垣に2回いきました。

もちろん、ANAがセールをしやすいフランス、ドイツ(&オーストリア)でのチップも随時!

乞うご期待。

ちなみに、もう昨年で解脱してますが、プレミアムポイント都合で行った石垣にハマり、明日からまた行きます(笑)

ランキング参加中

最後までお読みいただき、ありがとうございます。よろしければTwitterのフォローお願いします。更新情報以外にも色々呟きます。

*ランキング参加中
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
特にはてなブックマーク「B!」を今一番欲しております。もしこの記事が役立つと思われたはてブ会員の方はポチッとお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする